スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ストイチコフ監督の謎のコメント

カテゴリー: リーガ

レアル・ソシエダとプリメーラ残留をかけた大事な一戦を控えるセルタ監督ストイチコフはお互い後のないものどうし、すごい試合になるだろうし、もしセルタがセグンダに降格しようが胸を張って降格し、プリメーラに戻ってくると強気なのか弱気なのかどちらともとりにくい発言をしている。(ligablog.com

スポンサーサイト
read more...
2007/05/20(日) 01:48 | trackback(0) | comment(0)

アーセナルも新たな時代に?

カテゴリー: プレミアシップ

「ベンゲルとデインは長年コンビを組んで仕事をしていたからね。アーセンが今のままアーセナルで契約を全うするとは思えないんだ。僕でさえ、デインの退団を聞いたときはショックを受けたから。初めはまったく信じられなかった。本当のことかどうか、何度も聞いて回ったくらいさ。彼は長年アーセナルに尽くしてきた人だった。それなのに、あんなにあっさりと退団が決まってしまった。ベンゲルにとっては受け入れ難いはずだよ」(livedoor スポーツ

read more...
2007/05/19(土) 18:13 | trackback(0) | comment(0)

今季の主役はカンナバーロ?

カテゴリー: 未分類

 最も高いレベルでプレーし続ける現役選手を対象に、モナコの海岸通りにその名選手の足形を残し、“殿堂”に相当する“チャンピオンズ・プロムナード”をつくろうという趣旨で生まれたのがこの“ゴールデンフット賞”で、過去にはロナウドも受賞している、また、ディ・ステファノ、ヘント、プラティニ、マラドーナ…といった過去の名選手の足形も残されている。注目すべきは、バロンドール賞、FIFA年間最優秀選手賞、FIFPro(国際プロサッカー選手協会連盟)年間最優秀選手賞、と2006年度の個人賞を総なめにしたカンナバーロが新たな栄誉を手にすることができるかといったところだろう。(livedoor スポーツ)

read more...
2007/05/18(金) 02:20 | trackback(0) | comment(0)

インテル盗聴問題とマリーシア

カテゴリー: セリエA

インテルの獲得候補に挙がっていた時期に、インテル側から携帯電話を盗聴されていたことが判明したアドリアン・ムトゥ(フィオレンティーナFW)だが、同様のケースで既に賠償請求をしているクリスチャン・ビエリとは違い、賠償請求をしない方針であることを明言した。ルーマニア代表でもあるムトゥは「ビエリが起訴に踏み切ったことは知っている。だが自分は何もしないと決めた。悲しい出来事だが、ここで全てを終わりにしたい」とやりきれない表情を浮かべて説明している。(livedoor スポーツ

read more...
2007/05/13(日) 11:06 | trackback(0) | comment(2)

マンUがプレミア制覇

カテゴリー: プレミアシップ


ロスタイムにも目の離せない展開が続き、チェルシーのGKペトル・チェフがアレクサンドル・フレブのシュートを素晴らしい反応で阻止。一方、直後のカウンターアタックでピンチを迎えたアーセナルも、GKイェンス・レーマンがサロモン・カルーの一撃を見事なセーブで防いだ。その後は両チームの攻守が激しく入れ替わるなか、アーセナルのエマヌエル・エブエのシュートがクロスバーを直撃する。しかし、結局チェルシーも勝ち越すことができず、マンチェスター・ユナイテッドの4シーズンぶりとなるプレミアシップ優勝が決まった。(UEFA.com

read more...
2007/05/08(火) 00:57 | trackback(0) | comment(2)

A・コールの移籍を振り返る

カテゴリー: プレミアシップ


「アシュリーがアーセナルを去ったことにはガッカリした。僕は、彼の存在がガンナーズにとってのパオロ・マルディーニでなければならないと思っていたからね。何がガッカリしたって、彼に残留の意志がなかったこと。アーセナルの伝説となって欲しかったのに・・・。(Goal.com

read more...
2007/05/07(月) 01:15 | trackback(0) | comment(2)

王者の引継ぎ失敗?

カテゴリー: Jリーグ

 王者にまた内紛がぼっ発した。3日行われたJリーグ第9節で、浦和のMF小野伸二(27)が1―1の引き分けに終わった千葉戦後、ホルガー・オジェック監督(58)に対する批判をぶちまけた。突然、先発メンバーから外されたことへの不満を爆発させ、過激な発言を連発。4月29日の鹿島戦ではFWワシントン(32)が規律違反で“サテライト降格処分”を受けたばかり。リーグ連覇を目指す王者に、また新たな火種が発生した。(livedoor スポーツ

read more...
2007/05/06(日) 01:37 | trackback(0) | comment(0)

バロシュ問題 判決下る

カテゴリー: 未分類

 LFP(フランス・プロサッカーリーグ)は現現地時間3日(以下現地時間)、試合中に問題的な行為を働いたとして、リヨンに所属するチェコ代表FWミラン・バロシュに対し3試合の出場停止処分を科した。ロイター通信が報じている。

 バロシュは先月18日に行なわれた国内リーグのレンヌ戦で、同クラブのカメルーン人MFエムビア・エトゥンディの前で鼻をつまみ、手で仰ぐようなジェスチャーをした。きつい臭いを払うような仕草にも見えたため、エムビア・エトゥンディは「人種差別的行為」としてバロシュの行為を非難。一方のバロシュはそのような意図はないと発言しており、LFP側も同選手の行為は人種差別的なものではなかったとの結論を下している。(Yahoo! スポーツ

read more...
2007/05/05(土) 01:26 | trackback(0) | comment(0)

準決勝結果 因縁の対決?

カテゴリー: CL

ミラノで行われた2日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦は、ACミランがマンチェスター・ユナイテッドFCに3-0で快勝し、決勝では2005年大会で敗れたリバプールFCと再戦することになった。(UEFA.com

read more...
2007/05/03(木) 15:42 | trackback(0) | comment(2)

アラーダイスが辞任。 ボルトンは?

カテゴリー: プレミアシップ

「クラブは125年間存在している。そして、ここ8年の指揮を執ったのがサムで、私はチェアマンだった。我々はクラブの歴史の一部ではあるが、ボルトンは進んでいく。サムのした仕事はクラブ史になかったことだ。しかし、現状を理解して将来につなげなければならない」。(Goal.com

read more...
2007/05/02(水) 01:40 | trackback(0) | comment(0)

ミステル、ポボルスキー

カテゴリー: 代表チーム

 元ラツィオのMFカレル・ポボルスキーがチェコ代表の新監督に任命された。サッカー協会が26日に発表を行った。ポボルスキーは8月に行われるオーストリア代表との親善試合から正式に代表監督の座に就くことになる。6月2日以降は現在カレル・ブリュックナーの率いる代表チームに同行し、ユーロ2008(欧州選手権)予選のウェールズ戦に向けた準備を手助けする予定。
 ポボルスキーはプロデビューを果たしたチェスケー・ブデヨビツェで今でも現役選手としてプレーを続けている(同クラブのジェネラルマネージャーおよび執行会長も兼ねる)。ホームでドイツに完敗を喫し、格下キプロスに1-0で辛うじて勝利を収めるなど状態の思わしくない代表チームを立て直すため代表監督の仕事を引き受けた。(スポーツナビ

read more...
2007/05/01(火) 02:29 | trackback(0) | comment(2)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。