スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

名古屋本田のオランダでの練習参加について

カテゴリー: 移籍

 Jリーグ1部(J1)名古屋のMF本田圭佑(21)が、オランダ1部リーグのVVVフェンロの練習に来年1月5日から参加することが31日分かった。
 本田はU-22(22歳以下)日本代表の主軸で、来年の北京五輪出場権獲得に貢献した。1月15日から始まるフル代表候補合宿にも呼ばれた。 (スポーツナビ

スポンサーサイト
read more...
2007/12/31(月) 15:09 | trackback(0) | comment(0)

がんばれバレンシアの3人!!

カテゴリー: リーガ

 12月28日、サッカーのスペイン1部リーグ、バレンシアのフアン・バウティスタ・ソレール会長は、戦力外通告が出されたGKサンティアゴ・カニサレス(写真)、MFダビド・アルベルダ、ミゲル・アンヘル・アングロの3選手について、解雇する考えはないことを明らかにした。(livedoor スポーツ)

read more...
2007/12/30(日) 01:23 | trackback(0) | comment(2)

ヒッツフェルト退任論

カテゴリー: 移籍

オットマー・ヒッツフェルトに代わるバイエルン・ミュンヘンの新監督の最有力候補は現オランダ代表監督のマルコ・ファンバステン。ドイツの『キッカー』誌がそう報じた。現監督のヒッツフェルトとの契約が終了する来年の夏に、ファンバステンがバイエルンの監督に就任すると予想されている。(中略)ヒッツフェルトは、ユーロ(欧州選手権)2008本大会で代表チームの指揮を執ってほしいというスイスサッカー協会からの誘いに興味を示しており、バイエルンとの契約は延長しないようだ。あるいは、現在ジョバンニ・トラパットーニが監督をしているザルツブルクがヒッツフェルトの次の仕事場になるかもしれない。(スポーツナビ

read more...
2007/12/26(水) 18:41 | trackback(0) | comment(0)

元主将と新監督

カテゴリー: 代表チーム

 サッカーのイングランド代表で99試合出場を誇るMFベッカム(ロサンゼルス・ギャラクシー)が、カペロ新監督の下でのプレーを熱望した。レアル・マドリード(スペイン)の監督と選手だった1年前にはこじれた関係にあった2人だが、「ファビオ(カペロ)は尊敬できる監督だ。僕が、彼のプランの重要な一部となることを望んでいる」と英BBC放送に話した。(スポーツナビ)

read more...
2007/12/25(火) 18:39 | trackback(0) | comment(0)

ライバルチーム間の移籍

カテゴリー: 移籍

「今年の夏、僕はリバプールでプレーすることを夢見ていた。しかし、その夢は実現しなかった。リベンジについてはほとんど考えないけど、チャンピオンズ・リーグでユナイテッドと対戦したいのは事実だね。ユナイテッドはビッグクラブが僕を欲しがるわけがないといった態度をとり続けたけど、レアルに移籍して彼らが間違っていることを証明した。あとは直接対決で僕の実力を再び証明したい」(livedoor スポーツ)

read more...
2007/12/15(土) 15:58 | trackback(0) | comment(0)

代表で見たい選手。

カテゴリー: 代表チーム

 守備からのカウンター中心のチーム作りをしていくとみられる岡田ジャパンにあって、ボール奪取力、その後の展開力にたけた小笠原は最適な人材だ。他に鹿島からDF内田篤人、岩政大樹らの代表入りの可能性もあるが、最も注目しているのはイタリア帰りの司令塔・小笠原だ。(livedoor スポーツ

read more...
2007/12/10(月) 01:29 | trackback(0) | comment(0)

協会には残念

カテゴリー: 代表チーム

岡田監督は守備重視という声が聞こえてきますが、オシム監督の提唱した「考えて走る」を引き継ぐことができるでしょうか。

ただ、このタイミングで監督交代ということであれば、岡田氏以外になかなか適任者を見つけにくいというのも確かだと思います。岡田監督にしてみても、途中から引き受ける訳なので、相当なプレッシャーでしょう。(NETAFULL

read more...
2007/12/06(木) 02:23 | trackback(0) | comment(0)

冬の移籍市場を前に。

カテゴリー: 移籍

「戦力は十分に揃っていると思う。ガブリエル・エインセが抜けた左サイドバックにもう1枚くらいバックアップが欲しいが、それ以外は問題ないだろう。それに、1月の補強は難しい面も多い。選手にとっては、チームに馴染むまでに時間を要するからね。昨シーズンのエブラやヴィディッチも苦しんだからね」

 ファーガソンが挙げた左サイドバックに加え、FW陣にニコラ・アネルカやディミタール・ベルバトフの獲得も噂されるマンU。しかし、ポール・スコールズやパク・チソンの復帰も間近に控えており、緊急の補強が求められる状況ではない。経験豊富な老将は、拙速な戦力補強よりも、チーム内の結束を重要視した最小限の戦力補強でタイトルを狙うつもりのようだ。(livedoorスポーツ)

read more...
2007/12/05(水) 02:22 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。