スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

日本代表 派閥とかもう笑い話。

カテゴリー: 代表チーム

「中村俊の所属事務所SからはFW岡崎、MF長谷部、MF阿部、GK西川が南ア遠征に招集された。代表22人のうち5人が同じ事務所ですからね。最大派閥として岡田日本の命運を左右するといっても過言ではない。もっとも、あくまで“中村俊がいるからこそ”の最大派閥ですからね。ムードメーカーの岡崎は普段よりもおとなしいし、長谷部や西川も、どことなく所在なげです」(現地記者)

 9月5日、敵地でのオランダ戦でこんなシーンが。SB長友が左サイドを攻め上がった。MF本田が手ぶりで「パスを出せ」と要求したが、長友は無視。シュートはゴール左に大きく外れた。

「本田と中村俊は同じポジションのライバル。長友には“同じ事務所の大先輩、中村俊の地位を脅かすライバルにはパスを出さない”という意識があったのでは? 取材陣の間で噂になった」(マスコミ関係者)
(livedoor スポーツ)



 まだ南ア戦は録画こそしてるものの、見れてない状態です。そして、こんなくっだらない記事。

 本当に派閥があるのかどうかはわかりませんが、まだこんなことしてるのかよ、日本代表って感じですね。2006年のときもそう、そして、2010年もそうなのか、日本が国際大会でいい成績残せる日は来ないな、と感じさせられる記事ですよね。

 そりゃあ、所属事務所とか、いろいろ大人なんで、利権がからんでくるのはわかります。でも、実際にチームである以上、そんなことを意に介さないほどのものが絶対あるはずだと思うのです。

 たとえば、事務所が違っても、クラブチームが一緒なら、クラブの試合であればパスを出すと思うのです。それは、事務所<クラブチームであるから。しかし、引用記事が正しいのであれば、事務所>代表の結果ということ。つまり、馬鹿ってことですね。

 大人で、しかも日本代表の選手以上にパフォーマンスも給料も数段上の、欧州や南米の屈指の選手たちでも、W杯などでは一丸となって戦います。2006年W杯のイタリアを見てください。カモラネージが、「優勝したらチョンマゲ切る」みたいな発言して話題になり、実際に断髪しましたけど、ああいうのが、チーム一丸になってる証拠ではないでしょうか。ピッチ上だけでなく、打ち解けあって、そして、試合にも真剣になってるからこういう発言が出てきて、みんなでわいわいできる、と。

 とりあえず、派閥組が本当にいるのであれば、もう代表呼ぶな。中村俊だろうが長谷部だろうが岡崎だろうが、チームの害になるやつがいるのであれば呼ぶべきではない。それに、そこまでオーバーリアクションすれば、所属事務所<代表に変わる選手もでてくるのでは?
スポンサーサイト
2009/11/16(月) 13:09 | trackback(0) | comment(0)

footballmanager2010 注文しちゃった

カテゴリー: 日記

■FMとはなんぞや
 フットボールマネージャーっていう、欧州のゲームです。めちゃくちゃ膨大なデータ量を誇るゲームで、それなりのスペックのあるパソコンでデータを制限してやらないとなかなかサクサク進まない、何シーズンも続けるとロードですらそうとうな時間がかかるという、PC泣かせのゲームです。

■実は
 FM2005は家にあるのです。で、けっこうな中毒症状をともなってプレイしていたわけなのですが、オンボロパソコンではもうプレイが無理になった&新しいパソコンにしたら、OS対応してなかったなどでプレイできず。新しいものを買うにしても、日本のセガが撤退したせいで、日本では販売されなくなってしまったのです。

 で、2010の、UK版を今回注文しちゃったのです。英語苦手だし、どうかな、という感じなのですが、久しぶりにあの中毒症状をもう一度、ってな感じです。

 ちなみに、アマゾンよりも楽天のほうがぜんぜん安かったので、そちらで注文しちゃいました。これから購入予定の方は一度、両者チェックして見てくださいな。
2009/11/15(日) 02:10 | trackback(0) | comment(0)

ドイツ代表GK エンケ死去に関して。

カテゴリー: 未分類

ドイツ代表でハノーファー96に所属するGKロベルト・エンケが10日夕方に亡くなったことがわかった。ハノーファーのマルティン・キント会長が発表した。

当初、地元警察は事故と発表したが、その後ニーダーザクセン州警察の報道官が、エンケの遺体はハノーファーから25km北の線路上で発見されたもので、列車に飛び込んでの「自殺と見られる」と話した。

ハノーファーの関係者によると、エンケは2年前に2歳の娘を亡くしており、そのショックから精神的に立ち直れていない様子だったという。

ドイツサッカー連盟は、「ドイツチームはロベルト・エンケの死に大きなショックを受けている。ヨアキム・レーヴ監督とオリヴァー・ビアホフ・マネジャーは、『全員が衝撃を受けた。言葉にならない』と話している」との声明を発表した。

32 歳のGKは代表8キャップで、W杯南アフリカの代表候補だった。最近のW杯予選はウイルス性腹痛で欠場しており、2カ月ぶりにブンデスリーガのピッチに戻ったばかり。今月行われるチリとコートジボワールとの親善試合には招集されていないが、レーヴ監督は正GKの第一候補と話していた。
livedoorスポーツ



 ん~、残念というか、いや、残念では終わらせてはいけない話なんですけど、なんともいいがたいニュースですね。個人的に、ドイツの今の事情というのはわからないのですが、引用にもあるように、正GK第一候補であるならば戦力的にも大きな問題。ドイツへの打撃は大きいでしょうね。

 遺書などは見つかっていないようですね。記事での推測では、2歳の娘さんの死去が関係しているのでは、ということなんですが、それも2年前。2年間ずっと苦しみ続け、そして最近なんらかの発端となる衝撃的なことがあり、自殺を考えてしまったのでしょうか。

 彼の人生になにがあったのか、そしてどんな人物だったのか、どんなパフォーマンスをしていたのか、私はよく知らないでここでこのエントリーを終えますが、ただ一言、かいておきたいと思います。彼のご冥福をお祈りいたします。

 そして、最後に、エンケ氏の死去に関してのハマンのコメントを貼っておきます。

「悲しいニュースだ。2時間前に聞いた。そんなことを信じることはできなかった」

「なんて悲しいことだ。本当に良い男で、GKとしてのキャリアも約束されていた男だったのに…」

「当然、代表の選手たちにとっても大きなショックだ。彼はワールドカップでも正GKを務める可能性もあったんだ」

「もしこのような形でチームメートを失えば、全員がショックを受ける。ドイツ全体がね」

「彼は非常に良いGKだった。トルコやバルセロナでもプレーした。彼には大きな可能性があったんだ。最近数シーズンの彼は本当に素晴らしかったよ。彼はようやく正GKの座をつかんだところだったんだ。ドイツには良いGKがたくさんいるんだ。定位置取りは簡単なことじゃない」(goal.com
 

2009/11/11(水) 22:33 | trackback(1) | comment(2)

バレンシア-サラゴサ アジャラさんは落ちぶれた?

カテゴリー: リーガ

■普段ぜんぜん見ないんだけど
バレンシア-サラゴサ見ました。途中からでみたので1点目は見てないんですが試合は前半で3点とったバレンシアが快勝、サラゴサは後半に一点返すのがやっと、でした。プレミアをよく見るせいか、この試合を見ていて、スピードがトロく感じましたね

■アジャラさんとビジャ
アジャラさん元バレンシア、ビジャはたしか古巣サラゴサですよね。そこらへんはストーリーとして面白いところ。特に、世界一"巧い"DFだと個人的に思っていたアジャラさんをみるのは久しぶりだったので、楽しみにしてました。

■サラゴサの残念な守備力
アジャラさんの統率するサラゴサのディフェンスに期待してたんですが、残念ながら前述のとおり結果に。アジャラさんは悪くはなかったとは思うんですが、よくもなかったですね。

サラゴサが先制を許してから前掛かりになってたのかもしれませんが、それにしても御粗末。攻めはしてたけど、そんなにラインを上げてたわけでもなかったんですけどね。バレンシアのカウンターに面白いくらい犠牲になりました。

19番だったかな、パブロという選手、いい選手でした。バレンシアの3トップの右を担っていたんですが、彼の裏抜けが試合を決めたといっても過言ではない。でも、守備の方が悪過ぎた。アジャラさんは頑張ってました。マンツーマンでは負けないだろうな、というほど。ただ、個の守備しかできない。アジャラがパフォーマンスを、それほどは下げてないとは思うんですが、う~ん、やっぱり残念。一緒にコンビを組んでた5番の選手と、サイドバックの選手のポジションどりが微妙。というか、ひどい。あれじゃあねえ、という感じでしょうか。あ、そうそう、あのジダネス&パボネスの、あのパボンがサラゴサにいたんですね。相変らずぱっとしない守備でした。

■とにかく
 バレンシアがよかったというよりもサラゴザの守備が悪すぎる。特に、ラインディフェンスが下手すぎる、ということで、バレンシアが快勝。まあ、バレンシアファンとしては気持ちのいい試合になったんじゃないですかね。どちらのファンでもない自分からすれば……な試合でしたが。
2009/11/10(火) 12:03 | trackback(0) | comment(0)

チェルシーマンU エヴァンスは極刑に処すべし。

カテゴリー: プレミアシップ


 チェルシー-マンU、観戦しました。

■今日はエヴァンス。君に尽きる。
 とにかく、いえること。エヴァンス、お前は何なんだ。
ドログバ

 我らが誇るドログバさんのお腹にスパイクかますなんて。しかも、痛がってプニプニしているドログバさんに、イエローカード。
ドログバ2

 理解できん。

さらに、カルバーリョ先生がボールロストしたところで、後ろからタックル。
1109_20091109045340.png

 カードはカルバーリョ先生と、お隣でプレーに絡んでいた24番フレッチャー。これは乱闘(そんな大げさなもんじゃなかったけど)関連でのイエローかな。ちなみにみんなが集まって乱闘っぽい雰囲気のとき、エヴァンスはそそくさと離れていってました。


 え?さっきから非難してるのは誰かって?

戦犯

 お前だよ、エヴァンス。

 そして、試合は我らがチェルシーが1-0で勝ちました。いや、それ以上にドログバが心配です。骨折とかしてなければいいけど。

2009/11/09(月) 05:04 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。