スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

4週と数日の豆粒写真

カテゴリー: 日記

仕事中、妻から電話が来た。仕事中、LINEなどで文章のやりとりはよくするが、電話をかけてくることは滅多にない。

なにか、アクシデントあったか?大丈夫だろうか??

運転中でiPhoneをすぐとれなかったので、車をとめて掛け直す。
すると、嫁が心なし泣いているように感じられる声で、「4週目超えるって」

仕事を早退して早めに家に帰る。急いで帰ったが、途中で神社で安産祈願し、初めてのたまごクラブ(雑誌)を買い、葉酸サプリメントを買い、コンビニでスイーツを買っていった。
父親になる覚悟がなくて、帰宅せずに逃げ回っていた…のではなく、帰る途中で、ああ、あれもやらなきゃ、これもなきゃ、おめでたいんだから妻にご褒美のスイーツあったら喜ぶかな、とか、車で途中に神社、本屋、ドラックストア、コンビニが見えて寄った、という感じだ。

もちろん子供は欲しいし、できてもいいや、というお互いの考えのもとだったが、いざ、おめでたであることを妻から聞くと、「急だな」と思ってしまう。それと、まだ4週でありながら、エコー写真に写っている豆粒をみて、なんか非現実的に感じてしまう。でも、とっても嬉しい。

父親になることの責任、仕事を一生続けていくことをさらに痛感させられる圧力、これから起こってくるであろう経済的な問題などなど、現実的な問題を一番に考える性分の自分だが、妻からの電話をきいたときも、エコー写真を見せてもらったときも、自然とそういう不安は一切なく、ただただ嬉しい、その感情のみ。

初めてのたまごクラブを一緒に読んで、またいろいろ調べて、まだまだ、考えていくことはあるはずだが、とりあえず大まかな流れ、一般知識は入ったと思う。

まだ4週、安定期までまだ長い。会社や知人にも言わないでおこうと思うが、正直、嬉しくて嬉しくて言いそうで怖い。ニヤニヤはたぶんするだろうな…。
ネットで調べると、安定期に入るまでまだまだ油断はできないらしく、流産の可能性も15%ほどあるという。
今日、妻の妊娠を知った自分ですら、もし流産になったときけばショックを受けるだろう。身籠っている女性からすれば、そしてそれなりの期間を経ていれば、そのショックは計り知れないんだろうな…。そして、その15%に怯えながら世の中の妊婦は戦っていることを知り、改めて子供を産むということの大変さを知ったような気がした。

これまで知人が、妊娠した、子供生まれた、などということをきくと、もちろん素直におめでとう、というのだが、今日を境に、単なる言葉ではなく、心からおめでとう、と言えるような気がする。

まだ、妻と胎児は安定期に入っていないし、エコーをみても豆粒にしか思えないし、父親にはまだまだなっていないし、なれていないのだと思う。
本当は父親予備軍としてもっといろいろ考えて、覚悟きめて、としないといけないのかもしれない。
でも、今はただただ嬉しいし、それでいいのかなとも思っている。
妻はこれから仕事を辞める話を職場にしないといけないし、15%の可能性に怯えなげればだし、これからあるであろう、つわり、出産、体質の変化など、心配事が山ほどある。たくさん、一緒に考えていかなければならないが、自分がそれを引っ張りだして、不安を煽ることはない。楽観的すぎる気もするけど、嬉しいし、それだけを前面に出して行こう、と思っている。

そして、妻。ありがとう。
スポンサーサイト
2014/09/25(木) 19:25 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。