スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ペレスが憑いている……?

カテゴリー: 移籍

 チェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチ氏がバルセロナのブラジル代表MFロナウジーニョ(26)獲得に乗り出し、バルサの看板スターである彼に7500万ユーロ(約117億8200万円)もの大枚をはたく準備をしていると英タブロイド紙‘デイリー・ミラー’が報じている。
 同紙によると、これば馬鹿げた話でも何でもなく、ロナウジーニョ本人もこのオファーを聞くつもりがあるとのこと。バルサで4年を過ごしたロナウジーニョにとって、バルサでの存在意義も薄れ、同クラブでのサイクルも終わったと感じており、チェルシーに移籍することは新たな挑戦にもなり、アブラモビッチ氏にしてもロナウジーニョ獲得に費やす7500万ユーロははした金にすぎないと伝えている。(livedoor スポーツ

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif


 私の意見としましては、絶対にロナウジーニョ獲得はしてほしくないです。この報道も誤報か何かだで信憑性は低いのではないかと思っていますが、もし本当だったら、アブラモビッチが本気だったら、と怖く感じてしまいます。
 バラック、シェフチェンコ、そしてロナウジーニョをもし獲得すれば、その進む道はただ一つ。そう、ペレス時代のレアル・マドリードです。アブラモビッチにはペレスの怨念が憑いてしまったのでしょうか。銀河系軍団がようやく解体されていきつつある最中、時代と逆行した道に進もうとしているようにしか思えません。
 また、ロナウジーニョですが、記事にあるようにバルサとの関係は強く、移籍は相当なことがない限りないでしょう。いくらクライフが批判していても、移籍ということはライカールトが許さないでしょう。
 また、チェルシーにきたときの話ですが、そうするとロナウジーニョはやはり左のウイングFWでしょうね。ロッベンはどうなる?ということです。それに、ロナウジーニョの適応能力の低さ、これは疑いようのない事実だと私は思います。バルサでは活躍しているけれども、フランスではそんなに活躍できませんでしたし、ブラジル代表でも、06年W杯は不調といわれ、戦犯にもされました。バルサのような守備をしなくていいシステムであればロナウジーニョは素晴らしいプレーを見せてくれるのかもしれませんが、はっきりいって、バルサ以外にそれを許してくれるクラブはそうそうないでしょう。チェルシーはその最たる例じゃないでしょうか。モウリーニョがもし退任しても、新監督がロナウジーニョをどれだけうまく使えるのか。後任の有力候補として名前のあがっているリッピも、ロナウジーニョに自由を与えるタイプとは思えないのですが。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/01/22(月) 13:53 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/01/24(水) 01:52:06

チェルシーがロナウジーニョ獲り!?
もうマジッすかって話ですね。私も誤報であって欲しいと思いますが・・・
まあアブラモヴィッチはこれからは選手の獲得に無闇に金を使わないと言っていたはずですが・・・
バルサとの間では、ランパードとデコのトレード話とかも有ったみたいですが、このニュースはどこまで信じて良いんでしょうかね。
私もパベルさんの言うとおりロナウジーニョはチェルシーにフィットしないと思うので、彼には来て欲しくないですね。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/01/25(木) 00:16:26

コメント、ランプスさんありがとうございます。

ランパードに関してはバルサの噂がだいぶ前からありますよね。バルサでもランパードは十分活躍できるとは思いますが、フルに使えるのはチェルシーだけ、と信じております











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/103-6fd26da3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。