スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

特別編:FIFA100 3.ジョージ・ウェア

カテゴリー: 未分類

こうしてフランスで数々の成功を収めたウェアは1995年、アフリカ人として初のバロンドールを受賞し、同年にFIFA選出の世界年間最優秀選手賞も受賞。最後に自身3度目(89年、94年、95年)となるアフリカ年間最優秀選手賞と、この年の個人タイトルを総なめにしたのであった。 マルコ・ファン・バステンの後釜として加入したACミランでは数多くのゴールをあげた。驚異的な身体能力を誇り、「リベリアの怪人」と呼ばれた。 その後膝の怪我等も有り、99/00シーズン途中にチェルシーに移籍。以降マンチェスター・シティ、マルセイユ、アル・ジャジーラと渡り歩き2002/2003シーズンをもって現役引退した。(Wikipedia

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 この記事を書くにあたり、YouTubeでジョージ・ウェアのスーパーゴール集を見たんですが、いや~、すごかった。一人スルーパスでゴール、80メートルの単独突破からゴールなど、一人の人間としてこんなことができるなんて、信じられないような、いいものを見せさていただきました。
 あの驚異的なスピード。全盛期のロナウドやマルティンスの比ではないのではないでしょうか。シュートとはドリブルの延長線上にある、といいたげな小さな振りのシュート。あれじゃGKもタイミングをつかめませんよね。それでいてボールを扱うテクニックもしなやかで美しい!80メートルの末のゴールは速さと巧さが結集された、「リベリアの怪人」の全てを表すウルトラゴールだと思います。見てもらえればいいんですが、簡単にこのゴールについて説明しますと、ミラン対ベローナ戦。ベローナのコーナーキックの流れ弾をウェアが自陣のペナルティエリアでマイボールにします(このときのトラップも美しい!)。そこから一気に上がっていってカウンター。ベローナの選手が二人ついてきて同時にタックル。それをうまく交わしてさらにトップスピードで突っ走ります。交わされた選手の一人が手を伸ばしてユニフォームをつかもうとしますが、それすらできないような速さ。さらに一人を交わします。このとき、横から来ている選手1人(全然間に合わない)と、後ろに4人の選手が追いかけてきていますが、ぶっちぎりの速さをウェアは見せてくれています。さらに、ここから慌てることもなくゴール隅へ、GKの届かないところに流し込みます。
 個人的には、マラドーナの5人抜きよりも何よりもウェアのこのゴールのほうが好きですね。
 今日はウェア自身については多くは語りません。ぜひ、知らない人はこのプレーを見て私と一緒に感動してください。知っている人も、もう一度見てウェアについて思い出されてはいかがでしょうか。最後にリンクを貼っておきます。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif


必見です!!
ウェアの80メートルゴール
ウェアのスーパーゴール集


スポンサーサイト
2007/02/02(金) 15:14 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/104-2617ee75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。