スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ファーガソンの後継者は?

カテゴリー: プレミアシップ

 「ブライアン・ロブソンやスティーブ・ブルースといった人たちは、一緒にプレーしていた当時から、いずれ監督になる姿が想像できていた。この2人を、次の監督候補に推薦する人も多いだろうね。ただ僕は、マーク・ヒューズを推したい。僕は、まさか彼が監督になるなんて思っていなかった。でも今では、彼こそが後任候補に最適だと思う。ロブソンやブルースと比較してもね」(livedoor スポーツ

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 上は 1992年のプロデビュー以来、マンU一筋でプレーしてきたガリー・ネビルの発言です。
 今シーズン、マンUは首位を走っています。一時は引退も表明していたファーガソン、その後撤回をしてこの成績ですので、もしかしたら今シーズン優勝した後に勇退、というシナリオを考えているのかもしれません。そんな中、このネビルの発言。とても気になる話ですよね。
 ヒューズはいい選手でしたが、やはりバルサへの移籍が全ての失敗でしたね。あのままマンUにいれば……と思ってしまいます。バイエルンにレンタルされた後、またマンUに戻ってくるのですが、同じような発言を誰かがしていたと思います(曖昧ですみません)。人望もなかなかあつい人のようですね。今のウェールズ代表の選手、というと私はロビー・サヴェージを思い浮かべるのですが、彼がバーミンガムから強引にブラックバーンに移籍した話、なかなか面白いですよね。
 本当は、祖国ウェールズの英雄であるヒューズの監督を勤めるブラックバーンにいきたい、というのが理由だったようなんですが、表向きに発表したのは「両親の住むレクサム(ウェールズの街)に近いから」という理由。そこで、また詳しく覚えていないのですが、バーミンガムの選手がイギリスの地図を彼にプレゼントしたそうです。「バーミンガムとブラックバーンの、レクサムとの距離はほとんど変わらないよ」と。
 ピッチの内外で問題児ぶりを発揮してくれるサベージ。私はちょっと好きだったりします。もちろん、チェルシーと対戦するときはやめてほしいですが。
 ネビルは他にもブライアン・ロブソンとブルースの名前を挙げていますが、私は、もしマンUのOBが後任監督につくとするならば、ゴードン・ストラカンかな、と思っています。現在、セルティックの監督を務める彼ですが、現在日本人の多く方も知っているように、スコットランドリーグで大差をつけての首位独走です。ファーガソンが勇退となると、フロントも後任は誰がよいかと相談すると思うんですよね。そしたら、スコットランド人のファーガソンは同じスコットランド人で、強いセルティックを作ったという実績をもち、かつてマンUでも素晴らしいプレーを見せてくれたストラカンを推す可能性は非常に高いと思うんです。80年代前半のアバディーン全盛期時代はファーガソンが監督、ストラカンは選手として一緒にいましたしね。
 もしストラカンがマンUの監督になれば、寵愛する中村も連れてくるかな……。妄想は膨らむばかりです。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

スポンサーサイト
2007/01/27(土) 22:34 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/118-bd25566a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。