スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

カッサーノ もったいない

カテゴリー: リーガ

 レアル・マドリーのFWアントニオ・カッサーノは、ファビオ・カペッロ監督の戦力外になっている状態で残留できる唯一の選手だ。R・マドリーはこの件についてははっきりしており、MFデイビッド・ベッカムの件とは何の関係もない。カッサーノは第8節(昨年10月28日)のナスティック戦が行われたノウ・エスタディにおいて、カペッロ監督を批判した。チームの輪に戻るのはほぼ不可能で、すでにR・マドリーは規律違反が引き起こすカッサーノの行動から逃れようとしている。(livedoor スポーツ

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 カッサーノ、悲惨な状況ですね。しかし、仕方ないでしょう。学べないものはいつまでたっても状況を一転させることはできない、ということでしょうか。いや、どんどん悪化しているでしょうね。

 「トッティを超える逸材」だとか「トッティの後継者」だとか言われたカッサーノ。若い頃からもてはやされ、大きな態度をとり続けてきた彼。ローマ移籍時にはトッティ自身が教育係になってカッサーノをコントロールする、みたいな状況にもなりましたが、やっぱり問題を起こしました。そして、結局干されてレアル移籍。このとき、セリエのクラブはクラブ内で不和を起こすカッサーノ獲得にどこも動きませんでした。
 イタリアですっかり嫌われ者になったカッサーノ。スペインで再出発し、成長すれば代表にも帰ってこれるだろうといわれ、レアル移籍は世論に支持された形となりましたが、そこでの結果はこれです。結局、カッサーノは何も学ばず、才能をこうして腐らせていくのでしょうか。海外でもイタリアと同様の結果になり、また彼をほしがるクラブは減ったことでしょう。ベッカムよりも、ロナウドよりも、この冬、レアルが追い出したかったのは何よりもこのカッサーノだったのではないでしょうか。しかし、残念ながら、カッサーノを獲得に動くクラブはなく、レアル残留することになったのです。

 彼を更生させることができるクラブ、人物は一体誰なのか。トッティも、カペッロも無理でした。かつて、一緒に問題児とされたルーニー、C・ロナウド、イブラヒモビッチなども素性はどうかはわかりませんが、少なくともカッサーノよりかはかなりましになってきています。大人になっているのか欺く目がよくなっているのかわかりませんが、学んでいます。カッサーノを教育できるものは、一体……。
 私はモウリーニョなら、もしかしたら可能なのではないか、と思っています。モウリーニョの人心掌握術はすばらしいです。カッサーノをモウリーニョなら、心底心酔させることができるのではないか、と。しかし、チェルシーにカッサーノが来てほしいとは思いませんし、というか、あまりにも大きなリスクだと思いますから、来てほしくないですけどね。たぶん、そこは大丈夫だと思いますが。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/02/11(日) 00:05 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/02/11(日) 13:29:43

こんにちは!
カッサーノがチェルシーに来たら!?ホンマ悪夢以外の何物でもないですよね(苦笑。 イヤ絶対獲得しないでしょうね。
まあカッサーノを更生させることの出来る人物がモウリーニョくらいしかいないってのも事実でしょうが・・・
まあカッサーノについては、トッティもさじを投げるほどですから、最早手遅れなのかも知れませんが、それにしても惜しいですよね、才能は申し分ないだけに・・・

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/02/12(月) 02:50:39

こんばんは~!

悪夢ですか......まさしく、そのとおりです。カッサーノファンの方には申し訳ありませんが、かなり多くの人が、自分の好きなクラブに彼が来てほしいと思っていないでしょう。彼の性格さえ真面目であったら、と思っていまいますよね。やっぱり、真面目にできるのも才能なのでしょうか。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/145-d65ea741
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。