スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ミランは誰をとる?

カテゴリー: セリエA

 サッカーのブラジル代表MFカカが12日、イタリア市民権を取得した。25歳のカカはイタリア1部リーグ(セリエA)ACミランに所属しているが、今後は欧州連合(EU)加盟国の選手の扱いになり、チームにとっては外国選手枠が一つ空くことになる。(スポーツ報知

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 カカがイタリア市民権を得て、EU外選手枠が一つ空いた状態に。ミランは一体、誰を入れるのでしょうか。最近、EU外選手の獲得に走るという報道はされていないのでなんとも言えませんが、カカがミランに残る可能性は依然として高いままでしょう。レアル・マドリーとの大型トレードなどの噂がでていますが、カカとジラルディーノはこれからのミランを支えていく、大黒柱となるべき存在。ここでカカを放出すれば、たとえレアルマドリーからどんな選手をもらったとしても、ミランにとっては大きな後退にならざるをえないと思います。カカはそれだけの逸材ですからね。

 私はEU外の選手が簡単にイタリアやスペインなどの国籍をとることができる現状について、少し疑問をもっています。2重国籍という概念が日本人には難しいのですが、実際、当地の人たちはどう考えているんでしょうね。(フランスのように、かつての植民地などから移民を受け入れて2重国籍にするという場合は別として)スペインやイタリアのフットボール選手に対する2重国籍について。
 これを許せば、EU外選手枠という概念がおかしくなってくると思います。全員2重国籍であれば、欧州のクラブ全員が南米出身、というようなことも可能ですし、実際、レアル・マドリーやバルサなどはそれに近くなっていると思います。
 私はイングランドのシステムのほうが納得できますね。プレミアシップにはEU外選手枠という制度がありません。英国は厳しい労働許可証が必要です。その基準を満たしたものならば、何人でもクラブは所有できる、ということです。これならば、名前だけのEU外選手枠というものはないですし、多少のブロックはすることができます。まあ、こちらにしても、その国の選手が保護される、ということはないのですが、2重国籍をばんばん許すという他国よりかはまともに見えますね。
 フットボールのために、国籍を簡単に与える、というのはどういうことなのでしょう。やはり、日本人の私には理解できないのかもしれません。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/02/14(水) 13:05 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/02/15(木) 10:05:33

お早うございます!
欧州大陸国のEU籍選手の概念と言うのは、我々日本人にはちょっと理解できないですよね。外国人であっても何年か在籍していたらEU所属国人と同じ扱いになるなんていうのは・・・
欧州ではボスマン判決以来、この抜け道のような制度が出来たりして、幾人かのお歴々が苦言を呈したりしていますよね。
まあホンマ、パベルさんの言うとおり、イングランドの制度の方が理解しやすいですよね。若き才能のある選手が入りにくいなどはあるとは思いますが・・・

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/02/15(木) 13:11:53

ランプスさん、いつもありがとうございます!

「抜け道」とはいい表現ですね。私も使わせてもらいます(笑)

そうですね~。英国のこの労働許可証についてはまた今度、新しいエントリーを作りたいと思います。いつ書くかはわかりませんが…。

URL | [ 編集 ] 2007/02/20(火) 11:12:28

二重国籍ではありませんが、我が国もスポーツ選手に対しては一般人に比べ、遥かに早く、審査も簡単、に帰化できていると言う現実があります。そしてサムライ・サムライと…。このメンタリティはいかがなものかと。理解できるんですかね。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/02/21(水) 01:59:58

哲さん、コメントありがとうございます。

私は他のスポーツに関してはよくわからないのですが、野球選手は(代表試合がないせいか、それとも国としてのプライドをもって戦うことがないせいか)帰化することが少ないですよね。一方でフットボールに関しては、三都主や闘莉王、前にはロペスやラモスなどがいます。メディアがサムライサムライとはやし立てるのはあまりいい気はしませんが、2重国籍よりかは理解できますね。前の国籍を捨ててまで日本人になるのですから、2重国籍とは全く覚悟が違うと思います。サムライとはやし立てるのはメディアの問題。代表選手になるための帰化か、本当に日本という国に魅せられての帰化はわかりませんが、それ相応の覚悟をその人はもっていると思います。ブラジル国籍でブラジル代表でありながらもクラブのために欧州の国籍をとる、というのはどうなのかな、と思いますね。まあ、本人も考えた末の決断でしょうし、当の本人やクラブ、ファンなどが認めれるのであればまったく問題はないと思いますが。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/156-6db9b958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。