スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

エトー大噴火 被害状況をみる

カテゴリー: リーガ

「バルサは2つの派閥に分かれている」「まずはチームのことを考えて、お金のことは二の次」「マスコミに向かって僕がプレーを拒否したなんていうのは悪い人間のすること」と彼が怒りをぶちまけた相手は、どうやらライカールト監督、ロセイ元副会長、そしてロナウジーニョのようだ。(livedoor スポーツ

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 エトーの発言ですから、信憑性に問題ありですが、事実かもしれないな~と思ってしまいました。
 エトーですが、彼はちょっと気性があらいというか、これまでの記事などを見る限り、子供っぽいというか、そういうところがあるように私は感じています。
 (はっきりとは覚えていないのですが、)W杯ドイツ大会のアフリカ予選で、W杯出場をかけた試合、ロスタイムにカメルーンがPKを得ました。インテルのウォメがPKを蹴り、結果は失敗し、カメルーンは結果的にW杯にでれず、大逆転でコートジボワールが出場することになりました。戦犯にされたウォメは家が襲撃されたり、車を破壊されたり、悲惨な状況になっていましたが、そこで火に油を注いだのがエトー。

「ウォメが蹴らしてくれと言ってきた。絶対に自信があると言っていた」

 チームメイトを守るということをこの男は知らないのか、という感じですね。その後、ウォメもコメントしています。たしか、こんな内容だったと思います。
「誰もびびって蹴りたがらなかった。だから、俺が蹴りに行ったんだ。なのに、やつ(エトー)は試合が終わったあとにあんな発言をする。びびって蹴れなかったくせに、だ」

 事実はどうなのか、それはピッチ上の選手にしかわかりませんが、私は映像を見ていた限り、たしかにカメルーンの選手はあまりペナルティエリアに行こうとはしていなかったように感じた記憶があります。試合開始前からもしかしたらウォメが蹴ると決めていたからかもしれませんし、エトーが言っていたことが事実なのかもしれませんが、どちらにしても、エトーは発言・行動が幼稚というか、本当に考えているのかな、というような印象でしたね。

 そんなエトーですが、今回はバルサを爆撃です。会長派・元副会長派という二つの派閥にバルサはわかれているという話です。たしかに、エトーが出場拒否をしたあと、いろいろなコメントや記事が流れましたが、エトーを擁護する人物、エトーを批判する人物に別れました。今回の記事にもあるように会長派にエトーは属し、ロナウジーニョやライカールトは元副会長派に属するようですね。

 しかし、このエトー騒動の担当者としてライカールトとベギリスタインTDが務めることになりました。ベキリスタインがいったい、どちらの派閥なのかはわかりませんが、今後、どうなるでしょうか。

この発言を聞いたロセイ元副会長は、エトーに反論するつもりはないと語り、エトーの発言に気分を害した様子もない。「この話に関わるつもりはないし、何か聞きたいなら彼に聞けばいい。しかしエトーは怪我から戻ったばかりで微妙な時期にさしかかっている。だから気が高ぶってこういうことになったんだろう」と冷静にコメントする。(livedoor スポーツ

 元副会長の発言からして、こちらは大人の対応で出るようです。エトーの得点力はバルサにとっては絶対に必要。エトーに対して寛容な態度をとりつつ、マスコミやファンにも幼稚なエトーよりも大人なところを示して支持や理解を求めているのかもしれません。問題の担当者に元副会長派のライカールトがいますが、きっとこの元副会長の流れをくんで、
「意見の食い違いがあったが、もう解決した。我々は目標に向かってひとつになって戦える集団である」
 みたいな発言をするだけという結果に終わるのではないでしょうか。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/02/14(水) 17:16 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

you+

URL | [ 編集 ] 2007/02/15(木) 01:03:57

こんばんは。

このエトーのニュース、すごく気になってました。
確かに以前から一癖ありそうな人だったけど、そんなことがあったんだ~、と読ませて頂きました。

ドログバもシェフチェンコに対して「もっとチームのことを考えるべき」というようなことを言ってましたね。それに何も反応しないところを見るとシェバはエトーより大人なのかな?

月並な言い方だけど一流選手は人間的にも一流であってほしいなと思います。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/02/15(木) 01:51:20

you+さん、コメントありがとうございます!

そうですね。フットボールに限らず、プロスポーツ選手というのは夢を与える仕事であり、子供たちの模範にならなくてはならないと思います(選手たちからみれば、この意見をどう思うかはわかりませんが…)。だから、ルーニー、クリロナなど、ビックスターが審判を挑発するところはやはり見たくないですね。そして、ピッチの外でも紳士であってほしいと思います。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/159-6318ef7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。