スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

オシムジャパンのシステムを妄想

カテゴリー: 代表チーム

 佐藤寿は中央でFW役をこなす野沢らと「交代させて下さい」と大熊コーチに言ったが「もうちょっと外でやれ」とオシム監督に突き返された。寿人はサイドに戻り千葉ユースでともにプレーしていた山岸にサイドでのプレーの仕方のレッスンを受けた。「FWの選手がサイドをやるからってサイドの選手より精度が落ちるようではだめ」と複数のポジション習得に必死。一方右サイドの田中と中村は「2対1なんだから崩せないならやる意味ははい」と厳しい言葉を受け、崩し方を工夫するよう指示された。(スポーツ報知

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 本ブログでは掲示板を試験的設置しております。詳しくはブログトップページの左側、「管理人から一言」とその中をご覧ください。書き込み、お待ちしております。

 佐藤寿人にサイドでプレーさせたとのことですが、実際映像や詳しい記事がないのでよくわからないのですが、勝手に想像してオシムは何をさせたかったのか、考えてみたいと思います。
 まず、システムについて。今までのオシムの日本代表というと、3バックのイメージが強かったですよね。それがオシムの目指すフットボールシステムによるものなのかと思っていたのですが、本当にそうなんでしょうか。4バックをオシムはやりたいんじゃないでしょうか。今まで、背の高いDFが日本には闘莉王しかいませんでした。だから、空中戦対策として闘莉王をセンターにおき、その横には阿部や今野などをおいていました。横のDFに要求されるもの、それはストッパーとしての能力(1対1)。しかし、3バックの上に中盤が非常に厚いシステムでは攻め込まれると超守備的になってしまうことが多いため、それを補うべく、展開力や攻撃力をもつ選手を後方に一人でも多くいれておきたかった、その結果がボランチの選手のDF起用、だったのではないでしょうか。
 しかし、中沢の代表復帰によって状況は変わりました。根底にあった、背の高いセンターバックが一人という状況に変化が起こったわけです。ここで、オシムは4バックもあり、という
構想を立ち上げることになったのではないでしょうか。

一方右サイドの田中と中村は「2対1なんだから崩せないならやる意味ははい」と厳しい言葉を受け、崩し方を工夫するよう指示された。

 これは単なる練習の一齣なだけなのかもしれませんが、もしかしたら4-4-2のように、サイドに2人ずつ選手を置くシステムの構想からくるものなのかもしれません。となると、左サイドはアレックスが抜けてただでさえ駒が少ない状況なのに、さらに必要なサイドの選手が増えるということで、今回のサイド選手の初招集、そして、佐藤などの選手をそのサイドで試す、という結果になったのではないでしょうか。
 先ほどから4-4-2だとか、3バックだとか4バックだとかいっていますが、オシムの概念からはそんなもの実際は関係ないのでしょう。攻め込まれているときは4バック、攻撃時は闘莉王や本来ボランチのDFに攻撃参加させてディフェンスラインを3バックにする、というのが理想なのではないでしょうか。今までは闘莉王が攻めに上がっているときは鈴木啓太が下がってその穴を埋める、みたいなことになっていましたが、そうではなく、中沢を中心とした3バックに流動的にシステム変更する、と。
 システムが変わるのであれば、選手には切り替えの早さと器用さが必要です。そう、オシムが選手に求めているものと一致します。
 戦術的にはひじょうにレベルの高いものであるといえますが、これを日本代表で本当にできるのか、どのようなフットボールを見せてくれるのか、今後が楽しみです。
 まあ、これは私の妄想の結果であって、実際にこうなると決まっているわけでもなんでもないんですが。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/02/21(水) 00:16 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/166-3f494780
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。