スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

W杯の大陸持ち回り制が変わる?

カテゴリー: 代表チーム

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は28日、英BBC放送のインタビューに答え、11月に南アフリカのダーバンで開く理事会で、2018年以降のワールドカップ(W杯)大陸連盟持ち回りの順番を再検討すると明らかにした。(中略)
 またBBCなどによると、ブラッター会長はロンドンでの会合で、18年W杯が欧州開催となった場合は「ロシアも考慮しなければ」と述べたほか、同年のW杯には中国も関心を示していることを明らかにした。(スポニチAnnex

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

18年欧州開催?中国開催?ブラッターは何を考えているんだろう、という印象ですね。
 まあ、たしかに前々からイングランドの立候補の話はあがっていましたが、こんなことがとおっていいのかという疑問があります。
 いつから正確な大陸持ち回り制になったのか調べてみたのですが、ウィキペディアによると、2010年W杯から5大陸持ち回り制、なんですね。つまり、昨年のドイツ大会は応手開催として大陸持ち回り制にはカウントされていない、と。となれば、たしかに2010年のアフリカ、2014年の南米開催はいいとして、それ以降は欧州・アジア・北中米カリブ海の3大陸どこでも開催できる、というわけです。それならば、たしかに欧州のイングランドやロシア、アジアの中国開催もたしかにいいんですよね、ルール上は。
 でも、なぜ、大陸持ち回り制にしたのか、を考えてほしいと思います。フットボールの普及、が理由なのではないでしょうか。W杯という、フットボール最大のイベントを世界各地で行うことにより、それぞれの地域でその素晴らしさを多くの人、多くの地域に広めていくことが理由だったのではないでしょうか。オセアニアが外れることは、事実上、開催できる力をもつ国がないと思われること、それだけの実力がないことから仕方ないとも思います(オセアニアのフットボールファンの方は申し訳ありませんが)。
 さて、その崇高な理念のためには、欧州開催、アジア開催をもっと後に回すべきではないでしょうか。98年に欧州(フランス)、02年にアジア(韓日)、そして06年に欧州(ドイツ)と、欧州が近い間隔で開催することにも疑問を感じていましたが、それはおいておくとして、まだW杯を開催していない大陸があるにも関わらず、何度も開催する大陸が出てきていいのかと疑問に思います。つまり、アフリカを10年にやり、14年に南米(ブラジル?)がやり、その次は北米がやるべきだと思うんです。その次がアジア、その次が欧州がやるべき、と。
 94年にアメリカが開催してから北中米カリブ海地区の開催がありませんから、18年にすれば24年ぶりになるんですよね。たしかにこの地区はアメリカ、カナダ、メキシコ以外に開催できそうな国がないというのも事実ですけど。アメリカでまたやれば、アメリカでのフットボール定着もより強まるのではないかと思うんですよね。まあ、11年ほど先の話なので、そのときのアメリカのフットボール界がどうなっているかなんて、わかりっこないですが。
スポンサーサイト
2007/03/02(金) 01:02 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/188-8b780b78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。