スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ワールドユース 対戦相手決まる

カテゴリー: ユース

 6月30日から7月22日までカナダ各地で開催されるサッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)=旧世界ユース選手権=の1次リーグ組み合わせ抽選が3日、トロントで行われ、7大会連続出場の日本は2年前の前回大会で準優勝したナイジェリア、スコットランド、コスタリカと同じF組に入った。
 日本はいずれも西部のビクトリアで7月1日にスコットランド、4日にコスタリカ、7日にナイジェリアと対戦する。(スポーツ報知

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 ワールドユースですね。今はU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に改名されたんですけど、私はしばらくは愛着もあるのでワールドユースと表記したいと思います。自己中心的で申し訳ないですが。

 このカテゴリーの目玉選手といえば、日本代表候補にも選ばれた流通大のGK林、セクシーセクシーとちょっとうるさいMF乾、FWのハーフナーマイクといったところでしょうか。個人的には新潟のMF田中亜土夢も注目です。

 対戦相手はナイジェリア、スコットランド、コスタリカなんですね。正直、誰がいるかとかまったくわかりませんが、イメージとしてはナイジェリアは嫌な存在ですね。スコットランドを軽視しているわけではありませんが、コスタリカよりも日本としてはやりやすそうです。ナイジェリアが1位通過かな……ユース世代のアフリカ勢は本当に恐ろしいですからね。

 本当にこの世代、がんばってほしいです。というか、がんばらなきゃいけない世代です。なぜなら、この大会終了後、この世代がはっきりしないU-22五輪代表に合流しなきゃいけないわけですからね。現五輪代表はいい選手はいるんですが、リーダーシップのある、戦術的にも精神的にも核となる選手の不在と監督の戦術柔軟性の欠如という、チーム運営における大きな二つの問題があると思うんです。この世代の選手が何人か合流していくと思うんですけど、そうなると、精神的に甘い五輪代表の選手たちの刺激になっていい方向にいくかもしれません。しかも実力だけではなく実績を残しての合流はさらにいい方向に進みやすいと思います。だからワールドユースで大暴れしてほしいですね。また戦術柔軟性ですが、これもいい選手が流入してくることによって、新しいオプションを反町監督が取り入れるかもしれません。というか、それしか反町監督の短期的改善策はないかと。

 競争の激化。アテネ五輪のときもそうでしたが、ワールドユースが終了し、五輪代表にワールドユース代表が合流してから競争が激化し、谷間の世代といわれた代表が活気付きました。今、そのアテネ五輪の選手たちがフル代表でも活躍してきています。ぴりっとしない、北京五輪代表。最後の処方箋、起爆剤となることができるか、ワールドユース組。現北京五輪代表じゃアジア最終予選はそうとう厳しいでしょうから、ワールドユース組の飛翔は期待というよりも願いです。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/03/06(火) 16:21 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/197-82c4c2b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。