スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

アンリ依存症を克服できるのか、ベンゲル

カテゴリー: プレミアシップ

アーセナルの主将を務めるティエリ・アンリは、今季中の復帰が難しい見通しとなった。水曜日に行われたPSV戦に出場したアンリはそけい部を損傷し、さらに腹部の筋肉にもダメージを負ってしまった。同クラブのアーセン・ヴェンゲル監督が、アンリの状態について語った。
「我々は、次のシーズンの始まりには、彼の準備ができていると確信している」。(Goal.com

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 アンリ、今季絶望、ということですね。アンリが出場できなくても、アーセナルにとってはそれほど大きな問題ではないかもしれません。アーセナルに残っているコンペティションはプレミアシップだけ。ここで求められるのはCL出場権の4位以内。アーセナルの戦力を考えると、それほど難しいことではありません。リバプール、チェルシー、マンU,アーセナルはやはりプレミアシップの中では実力が他クラブと違いますからね。もちろん、胡坐をかいて無条件に勝照る、というわけではありませんが。

 これまで、アーセナルはアンリに頼ってきました。アンリという決定力のある、世界最高ともいえるストライカーがいて、その後ろにピレスやビエラといった世界屈指のMFがいて、華麗な攻撃を作って得点を奪っていっていました。しかし、ピレスもビエラも移籍してしまいました。残ったのはアンリと、非常に若い選手たち。フレブやバプチスタを移籍で獲得して補強もしてきましたが、やはりアンリという大きな武器に頼ってきたのは事実。今季はアンリが怪我ぎみということもありましたが、ベンゲルの1stチョイスは間違いなくアンリだったでしょう。

 そのアンリが残りの試合、絶望的。これはアーセナルにとって戦力ダウンに違いありませんが、いいチャンスでもあります。来季やそれ以降に向けて、若手選手の育成・経験にプレミアシップの試合を使うことができるわけです。課せられている4位以内というのも、それほど難しい任務ではありませんから、ベンゲルは我慢もできる。無名の選手を抜擢し、新しいワンダーボーイが誕生するかもしれません。「アーセナル武器工場」なら、それもありそうですよね。優秀な若い選手を全世界から集めているんですから。

 争うタイトルもなく、アンリもいない、物足りないアーセナル。ファンでなければ今後の試合、あんまり興味をそそるものはないかもしれません。でも、次世代のFW、これは注目ですね。アーセナルファンはもちろん、そうでない人も、アーセナルのFWに注目してみるといいかもしれませんね。まあ、ベンゲルは今までどおりアリアディエールやアデバヨル、ファンペルシーなどしか使わないかもしれませんが。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/03/13(火) 16:38 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/208-ba723f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。