スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

日本はバスクから学べ!!

カテゴリー: リーガ

バルセロナのカンプノウスタジアムとビルバオのサンマメススタジアムでは、スペイン代表の試合を開催することはありません。
また、両スタジアムでスペイン国旗を振ることはタブーとされています。現地の人間への挑発行為ともとられるからです。
スペイン国内にはカタルーニャ代表、バスク代表というチーム存在しており、人気もあります。
スペインのメディアでは、選手に対して
「あなたはスペイン代表とカタルーニャ代表のどちらを選択しますか?」
と質問されることがザラにあるそうです。
このように複雑な国内事情ではスペイン代表チームを強くするのは難しいかもしれません。(サッカーのエピソード集めてます!

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif



 上はRaouさんのブログのエントリーからの引用です。

 私もこれに触発されて、ちょっとエントリーを書いてみようと思います。

 バスク地方のバスク人。これは一種独特な地方です。スペインに属するものの、彼らはスペイン国籍を有するものの、スペイン人ではありません。バスク人なのです。

 バスク語は、世界的にみてもインド=ヨーロッパ語族どは違う、独特の言語です。また民族的にも傾向があるようで、それはスペイン人とは違うようです。余談ですが、バスク人はほとんど血液型もO型らしいです。

 ラテン系のスペイン人といえば、陽気で情熱的、そしてちょっと大雑把、というイメージがあるのではないでしょうか。でも、バスク人は生真面目で勤勉で繊細、という傾向があるようです。日本人のイメージにも似てますよね。

昔、どこかのサイトで見たのですが、バスク地方の駅のプラットホームにある電光掲示板は「あと○○分○○秒で電車が到着します」と、秒単位で、しかも本当に正確らしいです。スペインの地下鉄なんて、遅れることも多いらしいのに、バスクはこんなに正確らしいんです。

 さて、そんなバスク地方ですが、実はフットボール選手の一つの大きな供給地でもあるんですよね。シャビ・アロンソ、その兄であるミケル・アロンソ、ガイスカ・メンディエタ、リザラズ(バスク地方はフランスに広がっており、リザラズはそのフランスのバスク出身)、デルオルノ、ティコ、エスケーロなどを輩出しています。

 バスク・ダービーといえば、レアルソシエダとアスレティック・ビルバオの対戦。特にこのビルバオはバスク純血主義といって、バスク人だけで戦うクラブなんです。過去、バスク人以外の選手が所属したことはありません。バルサなどのように、世界中から選手を集めるのではなく、バスク人しか獲得、起用しないというこの頑なまでの決意。監督やコーチは選手獲得も大変ですよね。そんな選手にも大きな制約がビルバオにはあるにも関わらず、バルサ・レアルマドリーとともに、1度も2部リーグを経験していません。そんな制約の中、そんな素晴らしい実績を残せる、バスク人のフットボールのレベルの高さが窺い知れると思います。これをいいかえれば、コンサドーレは北海道出身選手だけで100年以上ずっとJ1で戦い続けている、といった感じでしょうか。しかも、日本ではなく、世界屈指のリーグであるスペイン・リーガエスパニョーラーで。バスク人のすごさ、伝わってます?

 さて、冒頭の方で少し触れた、バスク人と日本人の共通点です。バスク地方に旅をした、滞在した人のサイトにいくと、非常に日本人とバスク人は(性格が)似ている、と感じるそうです。日本人は精神的に欧州や南米の選手に勝てない、日本人はフットボールにむいていない、という声が少なからずありますが、このバスクの特徴をみていると、日本人もフットボールの一大輩出地になれるのではないかという希望がちょっと湧いてきますよね。

 個人的には、もっとJFAとかがバスク地方とつながりをもって、バスク代表対日本代表とかの試合とかもやって、バスクの人々やクラブから学ぶ体制を作ったらいいのではないかな、と思います。選手育成方法だけでなく、ビルバオのように地域超密着の勉強にもなりそうですし。


 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/03/16(金) 02:06 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/03/17(土) 11:34:27

お早うございます!
バスク人と日本人、似ているところが多いですよね。双方共に、体格的に恵まれてるわけでもないし・・・
パベルさんの言うように、Jクラブで、ビルバオに学ぶべきチームは多いと思います。北海道、九州など地域性を活かした補強策をとれば、もっと各地でJリーグが盛り上がると思うのですがね・・・

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/03/17(土) 14:03:30

ランプスさん、コメントありがとうございます!

バスクというかなり独特な地域・ビルバオというかなり独特なクラブ。Jリーグの目指す姿とそれが一致しているのであれば、この優れた見本を活用しない手はないと思うんですけどね。JFAの金儲け主義じゃ、日本であまり知名度のないバスクと手を結んでも意味がないと考えるのかもしれませんが…











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/209-d179bc92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。