スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

レイナはリバプール人

カテゴリー: プレミアシップ

「僕はここで幸せだから、ここに留まらせて欲しい。あと2年の契約を残しているけど、そのあとも残っていたいんだ。僕の妻は最初の子供を授かった。彼女はリバプール市民なんだ。たぶん、僕には息子ができる。彼はスペイン代表にもイングランド代表にもなれるんだ!」(Goal.com

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 レイナはリバプール出身のガールフレンドと、2人の子供がいたんですね。

 リバプールはベニテス監督が指揮しており、スペイン人のベニテス監督がスペインから優秀な人材を獲得して今も彼らが活躍しています。レイナもその中の一人であり、シャビ・アロンソやルイス・ガルシアなどとともにクラブを支えています。彼らはベニテスという太いパイプをつかってスペインに「導入された」選手、だというイメージが私の中でありました。スペイン人の彼らに、イングランドきっての名門であるリバプールの魂は受け継がれているのか、ファンは納得できるのか、どうなんだろうと思っていました。

 しかし、少なくともレイナはそれは杞憂に過ぎなかったようですね。彼はイングランドを愛し、リバプールを愛してくれているようです。子供にイングランド代表にはいってほしいと思えるその心が、母国スペインと同様イングランドを愛しているという証であり、帰属意識の存在を物語るものではないでしょうか。彼はスペイン人でありながら、伝統と格式あるリバプールを愛し、魂を受け継ぐ準備があることを示したともいえると思います。

 恋人と選手の関係。選手は機械ではなく人間ですし、フットボールだけの世界に浸っているわけではありません。だから、プライベートをもっているのは当然ですし、恋人が同じ街の人である可能性もあれば、そうじゃない場合もあります。また、家族というものをもつ選手にとって、移籍は単なる仕事のチャンスや転機、選手生命の寿命というだけではなく、その愛する家族にも多大な影響を与えます。ビクトリアの要望をきいてベッカムが移籍したことが批判さていますが、私ははっきりいって、ベッカムという選手が人間である以上、欧州でのプレーか家族の切実な希望をとるか(もちろん、もっといろいろな問題がからんでくるんでしょうけど)、という場面で家族をとったベッカムの決断は批判されるべきではないと思います(ハリウッド進出だとかのための移籍は批判されて当然だと思いますが)。
 私はチェルシーファンなので、ランパードがバルサなどへ移籍してほしくないとは思いますが、ランパードのガールフレンドがバルサファンで、どうしてもバルサでランパードにプレーしてほしいといわれ、チェルシーかバルサ(彼女)かを選択しなければならないことになれば、そこでバルサをとったとしても私たちは非難できないと思うんですよね。たしかにチェルシーファンとして、ロイヤルティはないのかなど疑問に思うことはありますが、彼はフットボール選手である前に人間ですから、フットボールをするまえに人間としての決断を優先したとしても間違いではないと思うのです。

 リバプールのスペイン化、さまざまな憶測や皮肉もあります。しかし、レイナはイングランドに恋人がおり、その人がリバプール出身である、という事実。クラブや街に思いいれがあれば、プレーもよくなると思います。今回の記事を読んで、リバプールのスペイン化について、ちょっと安心した、という感じでしょうか。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/03/14(水) 13:29 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

you+

URL | [ 編集 ] 2007/03/14(水) 23:46:20

こんばんは~
数年前まではスペインの選手がイングランドでプレーする、またはその逆もありえなかったですよね。かつてマドリーにいたマクマナマンが「ちょっと変わったイギリス人」として見られていたくらい。
アーセナルのセスクもそうですが、最近プレミアに強い憧れを持つスペイン人選手が増えたような気がします。

シェフチェンコも移籍の理由の1つに子供の教育面を挙げていたと思いますが、このレイナの件も含めて選手にとって家族というのは移籍先も左右するくらいの大事な存在なんだなと思います。

ところで今日はこちらではU-22の中継はないみたいですね。今気付きました!ショックです・・・

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/03/15(木) 01:54:19

you+さん、コメントありがとうございます!

そういえば、イングランド出身でリーガで活躍する選手ってぜんぜん思い浮かばないですよね。というか、イングランド人が他国リーグで活躍する姿がなかなか思い浮かびません。ハーグリーブスくらいでしょうか。ベッカムやかつてのオーウェンもその類に入るんでしょうか。このことにも今度、このブログで扱ってみようかな、とも思います。いつになるかわかりませんけど。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/212-b30b45d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。