スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

再び、銀河系軍団化計画?

カテゴリー: 移籍

「カルデロン(レアル・マドリー会長)からは何の連絡もない。紙上で色々な憶測が立てられているようだが、カカと我々の契約はまだ5年残っており彼は間違いなくその契約を尊重し、ACミランに残る。チェルシーがシェフチェンコ(30=FW)に着手し、レアルがカカに目を付けている。移籍がそんなに思い通りに進むのであれば、我々も大物を狙うしかない」とコメント、改めてカカのレアル・マドリー移籍を否定した。

読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 ACミランの副会長である、アドリアーノ・ガリアーニ氏の発言です。カカははたして、本当にマドリードに移籍するんでしょうか。私は可能性低いと思っています。
 セリエAでライバルチームの司令塔であったカカを見て、ユーベにいたカペッロ監督は若くて能力のあるこの選手をほしいと思っていたんでしょうね。そして、カペッロはレアル・マドリードの監督に就任し、カカを獲得したいという意志を表示。結果的に、このような報道がなされているんだと思います。よって、獲得の可能性はそれほど高くないでしょう。
 ミランにしても、今やカカは手放すわけにはいかない選手。ミランでも最も必要不可欠な選手はこのカカとピルロの二人ではないでしょうか。いくら今シーズンが不調とはいえ、そんなチームの大黒柱を手放すとは考えられません。シェフチェンコの移籍で、ミランには今資金もあるわけですしね。
 今回の成績やレギュラーの年齢を考えて、ミランが過渡期にあることは間違いないでしょう。ここでの受け渡しがうまくいけば、名門のサクセスストーリーが続きます。レアルも過渡期を昨シーズンほどから迎え、今、改革の真っ只中です。ただ、ディフェンスラインの若返りの必要性を数シーズン前から言われてきたミランの不調の原因が老朽化したディフェンスラインではなく、得点力不足と怪我人というのは少し皮肉な結果ですね。FW陣は比較的健全だと思われていたのに……。やはりシェフチェンコの存在が大きかった、ということなのでしょう。
最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2006/12/16(土) 12:00 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/22-fe8e88e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。