スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

インテルの改善ポイントは?

カテゴリー: 移籍

ファブレガスは昨年11月、2014年までというこの上なく強固な形でガナーズとの契約を延長した。そしてそれにより、レアル・マドリードがオファーの準備をしていると言われたことから浮上した母国スペインへの復帰話を沈黙させている。しかし、誰かしらビッグネームを欲しているモラッティ会長率いるインテルには、反対にロンドンへと向かう可能性がある代替選手も多く存在するのだ・・・(Goal.com)
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 上の引用記事によれば、欧州を舞台に成功するためには新たなるビックネームが必要である、ということであり、そのターゲットとしてセスクの名前をあげています。

 私は最も改善すべきポイントは監督だと思っています。マンチーニはそんなに悪い監督でもないと思いますし、嫌いじゃないんですが、インテルの監督として物足りなさが正直あります。ミランのアンチェロッティ、昨年ユーベの監督をしていたカペッロなどと比べてもマンチーニは格が一つ下だったように思います。また今シーズンCLで敗退したバレンシアですが、キケ・フローレス監督はそれほど安定感のある監督ではないと思いますが、あの2試合に限っては完全にマンチーニよりもキケの方が上だったと思います。

 バルサについてクライフが「サイクル」という言葉を使っていますが、私はまだバルサというチームにサイクルという言葉がピンッと来ないのですが、インテルで「サイクル」というと正直納得できるような気がします。

 またセスクの獲得ということですが、中盤でのパサータイプのセスクよりかは守備の職人、つまりマケレレタイプの選手が必要だと思います。理想はかつてのロイ・キーンのような選手でしょうかね。多国籍軍団を統率できるキャプテンシー、熱い魂、そしてマテラッツィにも負けない激しく強烈タックルをしてくれるボランチの選手。セスクのようなピポーテ役としてはカンビアッソという存在がしますから、そこまで獲得に走る必要はないかと思います。それに、アーセナルの戦力を減らすくらいならマンUやチェルシーや、にっくきバレンシア(苦笑)の選手を攻めたほうが効果ありそうですし。

 まあ、一番の強化すべきポイントは監督でも選手でもなく、フィーゴの代わりにセスクを獲得しろと提示した『コッリエレ・デッロ・スポルト』紙の記者なのかもしれませんが。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/03/23(金) 13:35 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/227-350d407c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。