スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

またまたこの話。 モウリーニョはすごい

カテゴリー: モウリーニョ

将来のイングランド代表監督に、現チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が就任する可能性が浮上した。現地イングランドの週刊誌“NEWS OF THE WORLD”によると、「モウリーニョ監督が何人かの親しいイングランドサッカー協会関係者に代表監督への希望を漏らしている」と報じている。現在イングランド代表を指揮するスティーブ・マクラーレン監督は現地メディアから厳しい批判を浴びている。(livedoor スポーツ)


 またまたこの話です。ほんと、こういう話ばっかりでもううんざりですよね。

 インテル、レアルマドリー、そして今度はイングランド代表です。監督生活のキャリアの最後は代表チームの監督を、ポルトガル代表の監督を、と発言しているモウリーニョですが、さすがにイングランド代表にはまだ就かないでしょう。もし仮にチェルシーを解任され、フリーになってイングランド代表監督のオファーが来たとしても、半年や1年、フリーを維持してビッククラブからのオファーを待つんじゃないでしょうかね。

 それにしても、昔は栄誉だった代表監督のポストも不人気になりましたね。代表監督というのはやはり重役ですし、短い期間でスーパースターたちをチームとしてまとめなければいけない、そうとう難しい仕事ですので、監督としても腕を発揮できる仕事かもしれませんが、やはりクラブチームの監督として毎日練習を指導し、多くの試合をこなしていくほうが監督としてのやりがいを感じるのではないでしょうか。

 チーム熟成の時間もろくにないのに強い期待、すぐに結果を求められる現実。これに耐えられないという監督も多いのではないでしょうか。リッピのように、結果を残してきた名将がキャリアの終盤に代表監督をつとめるというのは理想的ですが、実際は代表監督をつとめたいというものが少なく、クリンスマン(すでにフリー)やファン・バステン(オランダ代表監督)などの新人監督が代表監督を務めたり、ヒディング(現ロシア代表監督)がオーストラリア代表監督とPSVの兼任をしたりと、人材難は顕著ですよね。

 モウリーニョの次の監督の座について、インテルやレアルマドリーやイングランド代表が報道されるのは、それだけ人々がモウリーニョを求めているということ。それだけ世間からモウリーニョがほしがられているということですよね。たしかにオーナーのアブラモビッチとうまくいってはいないように報道されていますが、ここで報道されることはモウリーニョに対する賛辞だと解釈していきましょう。じゃないと、やってられないです……。
スポンサーサイト
2007/04/11(水) 00:34 | trackback(0) | comment(3)
前ページ | | 次ページ

you+

URL | [ 編集 ] 2007/04/11(水) 01:02:38

こんばんは~

イングランド代表監督だけは頼まれても(頼まれないけど)やりたくないなという印象があります。あのバッシングは辛すぎる・・・

最近FAの誰かが2002年W杯前の韓国をモデルにしようと言っていました。リーグを長期中断して代表に熟成期間を与えようと。
すぐにスポンサーなどからNGが出たそうですが。
でも代表監督にとってはあれが理想なのでしょうね。

先の話をする前にもうすぐバレンシア戦ですね。
今シーズンのタイトル制覇、期待しています。

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/04/11(水) 11:13:58

お早うございます!
ホンマ、この手の話はキリが無いですね。インテル・ミラノやレアル・マドリーならまだしも、今度はイングランド代表ですか!?もうええ加減にして欲しいですよね。
モウリーニョを欲しがるところが沢山あるってことは、チェルシー特にアブラモヴィッチに対しては、いい薬になるのかなって感じですが、度を過ぎる事の無いようにして欲しいですよね。
こんな報道ばかりじゃ、選手達がかわいそうですよね!

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/04/11(水) 23:33:11

you+さん、コメントありがとうございます!!
ほんとうに、イングランドのメディアのバッシングはすさまじいですよね。エリクソンも批判はそうとう多かったですが、マクラーレンはもっとひどい……。

チェルシーはバレンシアに見事勝利。よかったです。



ランプスさん、コメントありがとうございます!
ほんと、こういう話はいい加減にしてほしいですよね。タイトルを争っている、重要な時期。ただでさえ神経質になりやすい時期ですから、モウリーニョにしても選手にしても、影響が心配なところです。まあ、バレンシア戦では勝利を手にしてくれたので一安心ですが。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/245-205b6777
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。