スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

いつのまにか、エール・ディビジは

カテゴリー: 未分類

 同じロッテルダムのスタディオン・フェイエノールト(通称“デ・カウプ”)に会場を移してほしい、とAZが要求したという話も流れたが、それは無理な話。最終節は公正を期すため同じ日の同じ時間にキックオフされる。この日、スタディオン・フェイエノールトでは、フェイエノールト対ヘーレンフェーンというこれも5位の座(プレーオフ進出権)をかけた、隠れたビッグゲームがあるのだ。
 国内外からも多くの関心を集めるAZの活躍。そのせっかくの晴れ舞台になりそうな日の試合が、あまりに小さなサッカー場という寂しさ。だがAZ関係者は「われわれもつい最近までは非常に控えめなスタジアムで戦っていた」と言う。(スポーツナビ



 エール・ディビジ、記事をふくめ、最近は全然ノータッチでしたが、なんとなんと、AZが躍進していたんですね。今、リーグ制覇に王手らしいです。いや~、ほんとオランダのビッグ3の時代の終焉を告げるシーズンになりそうですね。

 オランダというと、PSVアイントホーフェン、アヤックス、フェイエノールトのビッグ3ですよね。CLやUEFAでもこの3チームが常連で、この3クラブ以外のクラブ知名度は一気に落ちるでしょう。

 AZも数シーズン前に急遽台頭してきた存在ですが、そのAZも当初は「アヤックス2」と揶揄されたもの。選手がアヤックスを解雇になったり、放出されて他のクラブを渡り歩いた選手たちばかりだったからです。そのAZがオランダ代表に選手を送り込むようになりましたが、それも一過性のものだと私は思っていました。選手がビッグ3や他の国のリーグのクラブにさらわれて一気にパフォーマンスも落ちるんだろうな、と。

 しかし、選手を手放しても、成績は急落しませんでした。AZが次々と代表選手を輩出するようになりました。それでも、ビッグ3とは歴史・経済・ネームバリューとして完全に劣っており、新興勢力にこそなっても、ビッグ3の地位を脅かす存在にはならないだろう、とまだ見くびっていました。

 そして、この状況。AZファンのかた、本当に申し訳ありませんでした。オランダに、新しい風が吹いてきています。今後、他のクラブもAZに続けとばかりにビッグ3を脅かし、面白い、波乱あるリーグにしてほしいですね。そうすれば、白熱した試合が増えてもっとエールディビジも盛り上がるようになるんじゃないでしょうか。

 追随してくるクラブがあるかないかはわかりませんが、それでも、AZがやっていることは大きな快挙です。ぜひ、がんばってもらいたいですね。
スポンサーサイト
2007/04/30(月) 02:10 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/04/30(月) 11:19:04

お早うございます!
AZの躍進、ココまでよくやってましたが、残念な結果に終わってしまいましたね。でも、小さな町の小さなスタジアムでやってるクラブが、リーグの上位を占めるというのは、日本のJリーグにとっても、お手本になるんじゃないでしょうか。
こういうクラブがあるってこと自体が、欧州サッカーの奥深さなんでしょうね。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/05/01(火) 02:22:43

ランプスさん、コメントありがとうございます!
ほんと、残念な結果でしたね。でも、来季以降にも期待できる今シーズンの結果なのではないでしょうか。
AZが新しい歴史を作り、CL出場してくるようになれば、また面白いんですけどね。とりあえず、今シーズンは自信をつけ、来シーズンは悲願の優勝を目指す、ということになるんでしょうが、がんばってほしいものです。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/262-8a0a03fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。