スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

高原のゴールに対して嫌みをいうジーコ

カテゴリー: 未分類

 敵将として2発を喫した前日本代表監督は「彼はヘディングが強くてスピードもある。特長はウチのDFに伝えていたが、2点で済んで良かった」とかつての教え子を称えつつ、ともに戦い2敗1分けに終わったW杯ドイツ大会を思い起こし「きょうのようなプレーをW杯でしてもらえれば良かったけど」と苦笑いしていた。

読んでくださった方はクリックお願いします。 
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif


 UEFA杯グループリーグ最終戦、日本代表FW高原の所属するフランクフルトと前日本代表監督ジーコが監督を務めるフェネルバフチェの試合。高原が2ゴールしたものの、そのごにフェネルバフチェが点を返して引き分けとなり、フェネルバフチェは決勝トーナメント進出、フランクフルトはグループリーグ最下位で敗退することが決まりました。
 まだ映像をみていないのでなんともいえないのですが、高原はどちらもヘッドで決めたゴールらしいですね。最近好調の高原。ぜひ、日本代表でもみたい存在になりました。この好調を維持してほしいですね。
 さて、それに対して、上に載せたジーコのコメントですが、嫌みをいってますね。「きょうのようなプレーをW杯でしてもらえれば良かったけど」というやつです。
 たしかに、高原はW杯、不発でした。それはFWとして決してほめられたものではなく、批判の対象となっても仕方ないものです。しかし、監督に責任はないのでしょうか。彼を機能させるシステムを築くことができなかった監督にも責任が十分あると思うのは私だけでしょうか。彼のコンディションを上げることができなかった監督に責任はないのでしょうか。さらにいえば、ジーコにこのような発言をする権利はあるのでしょうか。
 たしかに、W杯のとき、高原は不調だったかもしれません。でも、効果的な指導をできず、ただひたすらシュート練習しかしなかったジーコにも問題はあったと私は思うのです。もちろん、日本人のレベルは世界と比べてまだ低く、ジーコのようなブラジル人にとって、幼稚レベルに感じるかもしれません。なぜここで点がとれないんだ、なぜ、シュートが枠に入らないんだ、なぜここで勝負しないんだ、というフットボール王国ブラジルのスーパースターであるジーコにはわからない疑問が多々あったのかもしれません。そうだったとしても、ジーコは日本代表を率いるレベルになかった、といえるだけなのではないでしょうか。
 ジーコは嫌みを言うのではなく、高原をうまく機能させることができたフランクフルトのフンケル監督を褒めるべきだったのではないでしょうか。
最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif


スポンサーサイト
2006/12/16(土) 00:00 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

jenio10

URL | [ 編集 ] 2006/12/16(土) 00:17:04

コメントありがとうございました!
初めまして。ボチボチとブログをやっています。
仰るとおりだと思います。激しく同意ですね。
ジーコにそんな嫌味を言う資格は無いと。あの3試合を見た人ならそう思うでしょうし、W杯前からずっと言われていましたしね。
選手に責任が無いとは言いませんが、ジーコにも、ジーコを監督として迎えた協会にも責任はありますよね。
このジーコのコメントは受け入れがたいです。

これからもどうぞよろしくです。

パベル

URL | [ 編集 ] 2006/12/16(土) 02:12:17

jenio10さん、コメントありがとうございました。
jenio10さんのブログはとても面白く、前から拝見させていただいてました。
これからも楽しいブログを作ってくださいね。私もそちらに遊びにいきます。

ジーコの日本代表はとにかく終わりました。ジーコについて、この教訓を日本人と協会がしっかり生かしていかなくてはなりませんね。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/27-7ea5e19c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。