スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

南仏の王様

カテゴリー: 移籍

 昨シーズン、リバプールからマルセイユにレンタルされたフランス代表FWのジブリル・シセ(25)が、マルセイユに完全移籍することが決まった。
 マルセイユは数週間にわたり、リバプールにレンタルの1年延長を求めていたが、リバプール側は1200万ユーロ(約20億円)での買い取りを提案していた。「フットボール365」によると、結局750万ユーロ付近で決着がついた模様。ただし、再度移籍となった場合には、その移籍金の何割かがリバプールに支払われる。(livedoor スポーツ


 ジブリル・シセ、マルセイユに完全移籍とのことです。

 昨シーズンはリバプールからマルセイユへレンタル移籍していたシセですが、750万ユーロというのはシセという選手にしては破格ですよね。

 リバプールは1200万ユーロを提示していたとありますが、結局750万と大きく譲歩したのはなぜなんでしょうか。

①なんとしても早く、シセを放出したかった
 問題児であり、リバプールではあまりぱっとした成績も残せず怪我ばかりだったシセはリバプールにとってそれ(750万ユーロ)ほどの価値のある選手には思えなかった。

②早急に資金を要していた
 これは可能性低いんじゃないでしょうか。新しいオーナーがつき、資金に関しては昨年までよりも自由になったと言われているリバプールですから、あまり現実味ないですね。ただ、シセを放出してその金で誰かを獲得しようとしているかもしれませんね。例えば、FW陣が豪華で余裕のあるスパーズからエースのベルバトフを引っこ抜いたり……。

③シセが水面下で強行手段に出た
 マルセイユに移籍を許可するまでリバプールには戻らない、みたいなことを言ったんでしょうか。で、マスコミの前でゴタゴタするよりかはシセなんて放出したほうがましだろう、ということでしょうか。別に、シセがそんなことをしでかしそう、というわけではありませんが。

 まったく真相はわかりませんが、イングランドでは怪我に悩まされたシセ。母国フランスに戻り、マルセイユでは健康にがんばってほしいですね。そして、CLでマルセイユとリバプールが戦う、なんて展開になると面白いんじゃないでしょうか。

 どうでもいいですが、シセってまだ25歳だったんですね。もうちょっと歳行っているかと思ってました。それだけ若いときから注目されていた、ということでしょうかね。
スポンサーサイト
2007/07/02(月) 02:03 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/284-aa9814de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。