スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

敵をつくるマクラーレン

カテゴリー: 代表チーム

「スティーブン・テイラー(ニューカッスルDF)は、私がしばらく注目していた選手だ。次のシーズン、どのような成長を見せるか楽しみだね。最近見せているようなプレーを維持できるなら、イングランド代表に呼ばなければならない」。(Goal.com


 ベッカムのあとはキャラガーですか。この人(マクラーレン)は常に誰かを敵に追いやらなければいけない人物のようですね。

 たしかに、スティーブン・テイラーはいい選手だと思いますし、まだ若く、可能性を秘めた選手だと思いますが、キャラガーだって、まだまだやれる選手のはずです。というか、世界でもトップクラスのセンターバックであり、サイドバックもこなせる器用さをもつキャラガーはイングランド代表の豊富なディフェンス陣の中でも貴重な選手だと私は思うのですが、マクラーレンにはそうではないのでしょうね。

 敵をつくって、自身の正当性を常にアピールしたいんでしょうか。しかし、ベッカム問題でもそうだったように、結果としては待望論や監督批判が出ることになりかねません。イングランドにはディフェンダーがたくさんいるので、ベッカムほどの待望論は沸きあがらないかもしれませんが、いいカードをマクラーレンが手放したのは事実。イングランド代表、だいじょうぶでしょうか。

 代表監督と選手、代表とクラブが対立することはよくあることですが、クラブにとってはプラスの結果でしょうね。イングランドの上位クラブであるリバプールは4つのコンペティションを戦わなければなりません。代表戦がないことはキャラガーにとって、そしてリバプールにとってはプラスでしょう。

 ただ、私はキャラガー、けっこう好きなので、やはり代表に復帰してほしいという思いがあります。マクラーレンが去るのが先か、マクラーレンが折れるのが先か、それとも、マクラーレンは最後まで耐えるのか。今後に注目ですね。
スポンサーサイト
2007/07/12(木) 00:42 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/07/13(金) 13:22:18

今日は。
キャラガーはまだまだ代表でいるべきですよね。
CBでは難しくても、SBも出来るユーティリティ性がありますからね。
マクラーレン監督もなんか功を焦ってる感じがしますね。
マクラーレンが折れる前に、FAのほうの我慢の限界が来てしまう気がします。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/07/14(土) 01:28:15

ランプスさん、コメントありがとうございます!

たしかにあせっていうように見えますよね、マクラーレン監督。しかし、選手をまとめきれないようでは結果を残すことがさらに難しくなっていくのも事実。FAはいつまで、我慢するんでしょうかね。それとも、マクラーレンが化けるでしょうか......。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/288-aca1bdee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。