スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

移籍のアジャラ、損したのはバレンシア

カテゴリー: 移籍

しかし彼が今季ビジャレアルでプレーすることはない。ビジャレアルとの契約で設定された違約金をサラゴサが満額払ったことから、アジャラの新チームはサラゴサということになった。(livedoor スポーツ


 びっくりですね。バレンシアからビジャレアルに移籍したアルゼンチン代表DFアジャラ。チェルシー戦で見事な働きをみせ、ドログバに「世界最高峰のDF」と言わしめたベテランです。

 そのアジャラ、バレンシアからビジャレアルにフリートランスファーで移籍することになり、あわててバレンシアが買い戻すしぐさを見せたこともありましたね。ただで移籍した選手を、お金を支払ってでも買い戻す、と。しかし、「ライバルであるバレンシアから選手を買うことはあっても売ることはない」と敵対心をあらわにするビジャレアルのロイグ会長による一蹴されていました。

 そんな経緯があったため、アジャラはビジャレアルで来季からプレーすると完全に信じ込んでいたわけですが、なんとなんとサラゴザに移籍です。ミリートをバルサに奪われてあわてたサラゴザが獲得した、というのが真相のようですが、しかし、あっさりとビジャレアルは手放しましたね。

 ビジャレアルはただで獲得した選手を600万ユーロ(約9億9000万円)で放出。一番お金を儲けたのはビジャレアルでしょうか。それとも契約金をもらえるアジャラでしょうか。そのマイナスを一身に背負うのはバレンシアということになりますね。

 バレンシア、もっとフロントワークがうまくいけば、もっと上のレベルに行けると思うのですが、ほんと下手ですよね、バレンシア。古豪がいつまでも古豪のままで、レアルマドリーやバルサと並ぶ存在になれない理由、それが露骨に現れた一件だったのではないでしょうか。
スポンサーサイト
2007/07/15(日) 20:08 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

ヴィンセント

URL | [ 編集 ] 2007/07/15(日) 20:48:21

こんばんは
このニュースは謎だったんですが、ミリートをバルサに放出したからだったのか
でもビジャレアルも簡単に手放しますね
ビジャレアルの守備は大丈夫なのか?

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/07/15(日) 23:37:25

ヴィンセントさん、コメントありがとうございます!

たしかに、ビジャレアルはアジャラをディフェンスの中心と考えていたでしょうね。ビジャレアルはアジャラほどの選手じゃなくても、誰か選手の獲得に動くかもしれませんね。またバレンシアからとか……(苦笑)

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/07/16(月) 03:05:49

今晩は。
もうビックリですね。アジャラはてっきり、ビジャレアルでユニフォームを脱ぐ事になると思ってましたからねえ。それにしても、ビジャレアルもよくあっさり手放しましたよね。
まあしかし、一番損をしたのはバレンシアであることに間違いは無いですね。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/07/16(月) 23:38:16

ランプスさん、コメントありがとうございます!

ほんとですよね。まさか、1試合もプレーせずにアジャラが移籍するなんて。
本人の心境がききたいです。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/291-4ad6e1fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。