スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

オシムジャパン、次なる相手は豪州

カテゴリー: 代表チーム

アジアカップのグループリーグ最終戦でようやく1勝を挙げ、準々決勝進出を決めたオーストラリアのアーノルド監督は試合後、「グループリーグを突破するという最初の目標は達成した。次の目標は準々決勝に勝ち、その次は準決勝にと、勝ち進んでいくことだ。試合ごとにチームはよくなっている。今夜は最高のチームプレーができたよ」と選手を称賛した。(livedoor スポーツ


 アジアカップ、日本の相手は豪州になりました。豪州の試合を見れていないのでなんともいえないんですが、ちょっと怖いですね。グループリーグでは苦戦し、最終戦で勝利してなんとか突破。ちょっとずつ調子をあげているということではないでしょうか。グループリーグで苦戦したチームって、ノックアウト方式では調子よかったりしますよね。コパ・アメリカのブラジル代表とか……。反対に、グループリーグで調子のよかったチームは意外と早いところでこけたりします。日本、大丈夫でしょうか。

 この傾向をあえて分析(そんな大げさなもんじゃないですが)すると、グループリーグで調子のよかったチームは慢心しており、調子の悪かったチームは必死なのと、徐々にコンディションが上がってピークをトーナメントにもっていける、といったところでしょうか。

 豪州というと、やはり思い出されるのはドイツでのあの手痛い敗戦。アジアでの戦い方として、日本はセットプレーが大きな武器になっています。遠藤や中村のFK、CKを起点に戦う方法。フィジカル的にアジアでは優位にたつというのも一つのポイントでしょう。しかし、こと豪州に限ってはそのフィジカルの優位がありません。圧倒的に豪州がフィジカル的には勝っていますし、何より、日本の嫌いなタイプです。アジアカップ3連覇にむけ、日本の最大の敵にやはり豪州がなりそうですね。

 試合の分岐点となりそうなのは、中澤対ビドゥカのマッチアップでしょうか。このマッチアップ次第で試合がどっちに優位に運ぶか、見えてくると思います。また、暑さに強くても湿度には慣れていないであろう豪州にパワープレーではなく、足で勝負させることも有効でしょうね。

 雪辱が、豪州の壁にまた泣くのか。

 やっと、「負けられない戦い」が始まりますね。
スポンサーサイト
2007/07/17(火) 19:12 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/292-67f4d506
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。