スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

日本のウィークポイント

カテゴリー: 代表チーム

 アジアカップの反省はもとより、カテゴリー別の代表の強化と効率よく逸材を吸い上げるために、異例の大規模総括が目的だ。オシム監督は世代間の連携を重要視。左利きの左サイドDFの育成などを共通課題に、長期的強化計画を提唱しており、大反省会もその一環とみられる。(livedoor スポーツ)


大規模総括はいいことだと思います。ワールドユースも終わり、アジアカップも終わり(失礼!まだ終わってないですね)、収穫と反省をするちょうどいい機会ですよね。五輪代表も、今から勝負になってきますし、ワールドユース組も合流ですので、ここもしっかり進めなきゃいけないですし。

 日本の長期的強化ポイントは左サイドバック。オシムたちはここを最重要課題にしているんですね。ということは、アジアカップで左サイドバックとして出場していた駒野がオシムジャパンのアキレス腱というような立場、ポジションだったということでしょうか。

 ここで私が思い浮かべるのはワールドユースでも活躍した安田選手ですね、でも、彼、確か右足が利き足だった気がします。となると、左利きの左サイドバックには該当しません。まだ無名の選手を育成しようとしているのか、はたまた該当者すらいないから慌てて育成しようとしているのか、ちょっとわかりませんが、駒野に満足していないことは事実のようですね。

 日本は決定力不足、得点力不足といわれますが、何が足りないんでしょうか。攻撃面ではドリブルで勝負する選手、ガンガン正確なシュートを(ミドルレンジでも、ショートレンジでも)打つ選手だと思います。たしかに、大きな問題です。でも、私が気になるのは守備です。日本代表をみて、ほかの国の選手たちと比べて一番気になるのはディフェンス。もっとも遅れている分野だと思います。

 最近のJリーグなんかでも、よく点はいりますよね。スペクタクルな試合も多いです。たしかに、それは魅力なのかもしれません。最後の最後までわからな試合、よいゴールがたくさんでること、ファンから見ればそれは喜ばしいことなのでしょう。けど、そんなにスペクタクルはいらないと、私は思うのです。そこで試合をクロージングできないディフェンス、守りきれないディフェンス。結果的に勝ち点を逃してしまうJリーグのクラブ。こういう光景、どこかでも見ましたね。ワールドユースでも、アジアカップでも。

 国内リーグでは、今のレベルでもFWは点がとれています。そんなJリーグのトップスコアラーたちが集う代表では、決定力不足と嘆かれていますが、リーグではそれなりに点をとっているわけです。

 国内リーグでの守備力が向上すれば、今以上にFWは高い次元で日々プレーできます。成長することができると思います。

 日本が次のステップにあがるには、海外でも通用するチームにするためには、そしてすばらしいFWを輩出するためには、国内リーグでのディフェンスの向上、これに尽きると思います。

 FWを責める前に、そんなFWたちを国内リーグで満足させているディフェンスを責めるべき。ちょっと今日はいつもより以上にでしゃばっちゃいましたね。すみませんでした。
スポンサーサイト
2007/07/27(金) 00:00 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/07/27(金) 00:34:49

今晩は。
この時期に、大規模総括ですか!!今までやってなかったと思うので、これはいいことやと思いますね。
日本って、やっぱりディフェンスがウイークポイントになりますよね。駒野も結局、左も出来るというだけで、基本的には右の選手ですからねえ。
世界的に見ても左利きの左SBって少ないですからね。難しい問題やとは思いますが・・・

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/07/27(金) 12:40:33

ランプスさん、コメントありがとうございます!

ロベカルみたいな個性の強い選手がでてきてくれたらほんとおもしろくなるんですけどね。ああいう弾丸系のストレートなボールを蹴れるのも一つの魅力ですね。
大総括でこれまでの戦いを振り返り、今後に活かしてほしいですね











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/299-237a3c03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。