スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ランパード、チェルシーと交渉決裂?

カテゴリー: モウリーニョ

「クラブ側には契約問題を抱えながらシーズンを戦いたくないと伝えてある。今シーズンは、僕にとっても、クラブにとっても重要なシーズンだからね。僕は残留を第一に考えている。残りのキャリアをチェルシーで過ごしたいと思っているんだ。もちろん、出来るだけ早く解決したいと思っているよ。シーズン終了後か、次回の交渉でね。クラブ側は僕の考えを把握しているはず。問題はお金じゃないんだ。次の契約が僕のキャリアで最後の契約になるだろう。だからこそ、妥協はしたくないんだ」(livedoor スポーツ


 残念な結果ですね。テリーとの契約延長も成立し、残るはランパードだけ。テリーが片付いただけに、ランパードもけっこう早めに片がつくのかな、と思っていたんですが、今季中の契約延長をなくなるようです。

 ランパードはパスセンスもあるし、運動量もあるし、ゴールも狙える、まさに現代フットボールにおいて偉大なMF。常勝軍団チェルシーにおけるイネビタブルな選手の一人で、鉄人とも称される選手。そんなランパード、逃すわけにはいきません。

 チェルシーとしては、なんとしても今オフやシーズン中に契約をまとめてしまいたかったはず。ソーズ記事にもあるように、次のオフには契約残り1年で、しかも30歳のランパードの移籍金は下がり、移籍しやすくなってしまいますし、さらにその半年後にはボスマンルールにより、自由に移籍交渉できるようになります(ただし、移籍はチェルシーとの契約終了後)。

 ランパードほどの選手を、ただで放出するなんて、チェルシーの恥です。というか、テリーとともにチェルシーの大黒柱なんですから、今みたいに常勝できるかどうかも疑問です。まあ、モウリーニョはなんとかできるかもしれませんが……大事であるのは間違いないです。

ランパード側は、今夏チェルシーと契約延長で合意したDFジョン・テリーの週給13万5000ポンド(約3300万円)と同等の評価を求めているといわれいるが、金銭面以外にも問題は潜んでいるようだ。



 上も同じソーズ記事です。お金以外で、ランパードが求めているもの。それはいったい、何なんでしょうか。年齢も考えると、契約年数でしょうかね、やっぱり。
スポンサーサイト
2007/08/10(金) 19:56 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/304-dca35f46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。