スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

難攻不落のスタンフォードブリッジ

カテゴリー: モウリーニョ

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、またしても大記録を達成した。12日に本拠地スタンフォード・ブリッジで行なわれたバーミンガム戦でプレミアリーグの開幕を迎えたチェルシーは、苦しみながらも3-2で勝利を収めた。この結果、リーグ戦におけるホームスタジアムでの無敗記録を64試合に伸ばしたチェルシーは、リバプールが1978年から80年にかけて達成した最長記録を更新。この記録について、モウリーニョはその偉大さを強調。現有戦力だけでなく、記録更新に貢献した過去の在籍選手にも大きな称賛を送っている。(livedoor スポーツ


 おめでとう、チェルシー!おめでとう、モウリーニョ!!

 あのリバプール黄金期の記録を塗り替え、また一つ、チェルシーが伝説を作りました。

 この喜びのコメントの中で、モウリーニョは過去に在籍し、貢献した選手の名前を挙げているんですが、なんか、なつかしいですね。もちろん、彼らは現役ですし、試合に出場しているのでなつかしいというのも何だか変な気がしますが。

 グジョンセン、ダフ。ダフとロッベンのコンビ、私は大好きでした。グジョンセンも、FWでありながら3センターの一角としてしっかり働いてくれました。彼らが今のチェルシーに入ってプレーする姿ももう一度、見たいと思う私はわがままなんでしょうね。あ、そうそう。ギャラスも忘れちゃいけませんよね、クレスポも。

 過去のレジェンドは本当にすごいチームだなぁと思いますが、今にもそのレジェンドやレジェンドを超えるスーパーチームが成立しているんですよね。チェルシーも、マンUも、リバプールも、時代が違えば何連覇もするようなレベルをもつ、黄金チームなのかもしれません。

 話がそれましたが、ホームでの強さ、というのはチェルシーのものというより、モウリーニョのものなのかもしれませんね。モウリーニョはポルト時代から、ホーム連続無敗記録を伸ばしています。

 これからも、ファンを喜ばせてくれる監督、チーム、クラブであってほしいですね。
スポンサーサイト
2007/08/14(火) 15:25 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/08/15(水) 00:17:58

今晩は。
いやホンマに、ホームでは強いですよね。それにしても、今居る選手もそうですが、過去に在籍していた選手も早々たる顔ぶれですよね。
ダフが居た時が、一番いいサッカーをしていたようにも思いますし・・・
これからも無敗記録をドンドン伸ばしていってもらいたいですね!

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/08/15(水) 12:48:44

ランプスさん、コメントありがとうございます!

私は、チェルシーの中で当初はダフがもっとも好きな選手の一人だったため、移籍のときはやはりショックでした。
しかし、今いる選手たちもすばらしい選手たちばかりなので、まだまだ記録を更新してくれるということを期待しています。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/307-b781220b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。