スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

標準は北京?いやいや、ドイツです。

カテゴリー: ユース

 胸に抱くプランを熱く語った。8日のサウジアラビア戦に向けたダンマン市内での公式練習後。柏木は汗をぬぐうこともなく、「今正直、(成長が)壁に当たってる感じもしている。五輪が終わってから海外で、と思ってます。希望リーグ? ドイツ。体が弱いので、体が強いドイツでやってもっと成長したいですね。その後は南アW杯が目標? はい」。漠然と欧州移籍の夢を語る若い選手が多いなか、明確なビジョンを明かした。(SANSPO.COM


 北京五輪代表としても活躍している柏木選手。引用記事は彼の発言のようです。

 今柏木選手は19歳。来年の北京五輪後は20歳ですね。もし、すんなり海外移籍が決まれば、中田の21歳よりも早い海外移籍になります。中田英寿という、日本フットボール界のパイオニアが引退したあと、すぐに柏木という新しいニューヒーロが誕生することになるのか、中田のように日本を引っ張る存在になれるのか、注目ですね。海外に目を向けているこの早さは中田と似ていますから、期待をついついしてしまいますね。

 上の記事で気になるのはやはり「体が弱いので、体が強いドイツでやってもっと成長したいですね。」というところ。私としては、この時期はよいところをどんどん伸ばすことを考えてほしいということと、やはり海外移籍して初めて活躍するリーグや国のフットボールに若い選手は染まりやすいという印象から、ドイツよりもスペインやイングランドのリーグへの移籍を期待したかったんですが、柏木選手としてはドイツなんですね。

 もちろん、悪いところ、苦手なところを治そうとするのはひじょうにすばらしいことですし、必要なことだと思いますが、やはり今後の成長する方向性というものを考えると、いいところを早いうちにできるだけのばしてほしいな、と私は考えてしまいます。柏木君というとパスセンスと運動量というイメージが私にはあるので、パスセンスを磨く上ではスペインがいいのかな、と思いました。運動量とパスセンスどちらもイングランドでも鍛えられるとは思いましたが、最近のプレミアシップのクラブの選手はみんなめちゃくちゃうまいので、出番が与えられず、それこそ伸び悩みするかなぁ、とも思いました。そういう意味では、ドイツで出場機会をうかがうというのもいい選択かもしれませんね。

 とにかく、これからJリーグ、代表でがんばる柏木くんをしっかり覚えたいですね。1年後は、見れなくなってしまっているかもしれませんから。
スポンサーサイト
2007/09/10(月) 00:42 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/313-59b69529
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。