スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

かわいそうなリボルノ

カテゴリー: セリエA

 セリエA第8節を終了した時点で2分け6敗で勝点2。早々とオルシ前監督を解任し、カモレーゼ監督に舵取りを任せたものの悪い流れは断ち切れず、単独最下位という状況が続いている。スピネッリ会長のご機嫌はすこぶる悪く、チームに緊急合宿を指示。「状態が上向きになるまで何度でもやってもらう」と語っている。

 状況打破のため、あるいは成績不振の罰としての緊急合宿で有名だったのは、中田英寿が所属していたペルージャのガウチ元会長が有名だが、スピネッリはガウチも上回るほどの“現場介入派”。合宿指令のうえに、給料の支払いを敢えて遅らせることも明言。自分たちが巻いた種とはいえ、選手たちは気の毒。早く1勝して、会長の怒りを静めるしかない。(livedoor スポーツ


 ん~、なんだかかわいそうですよね。記事には「自分たちが巻いた種」ってありますが、あながち全て選手たちの責任とはいえないですよね。だって、絶対的なエースで、主将だったクリスティアーノ・ルカレッリと折り合いがつかずに放出したのはスピネッリ会長なんですから。

 しかも、給料を遅らせるのって何か意味あるんでしょうかね。結局、この会長は金が大事なだけなんじゃないでしょうか。C・ルカレッリを放出しても選手を補強しなかった、金を渋った結果が今の混乱、低迷の発端ではないのでしょうかね。

 自身の給料はカット、くらいするのが当然なのではないでしょうか。すでにファンや選手は会長がお金を使わないせいだと言ってるのに、この発言。この会長さんも重症ですね。

 監督を交代するのもありですが、何よりもフロントを改革すべきクラブが多いと思うのは私だけでしょうか。このリボルノしかり、バルサのラポルタ会長しかり、チェルシーのアブラモビッチしかり……。

 金だけだして、あとは黙ってくれる人ってのがやっぱりどこの世界でも理想なんでしょうが、そんな人はやはりいないというのが現実なのかもしれませんね。
スポンサーサイト
2007/10/23(火) 16:30 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/322-1420af31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。