スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

がんばれバレンシアの3人!!

カテゴリー: リーガ

 12月28日、サッカーのスペイン1部リーグ、バレンシアのフアン・バウティスタ・ソレール会長は、戦力外通告が出されたGKサンティアゴ・カニサレス(写真)、MFダビド・アルベルダ、ミゲル・アンヘル・アングロの3選手について、解雇する考えはないことを明らかにした。(livedoor スポーツ)


 よくわかりませんね。戦力外ということなので、ほとんど試合にこの3選手が召集されることはないでしょう。バレンシアに長年貢献してきた3人だけに、ちょっと寂しいですが。

 ソレール会長に対する不満はスペインでも、また日本でも彼のことを知っているバレンシアニスタはかなり噴出していますね。まあ、情報をみる限り不満がでるのも仕方ないと思いますが。

 んで、この3選手を解雇しないということなんですが、それはなんでなのか、ちょっと考えてみたいと思います。

 まず、冒頭にも書いたように、戦力外ということなので試合にはほとんど使われることないでしょう。しかし、解雇しないということはそれでも給料は支払われ続けるということ。まあ、選手の本質(試合に出場したい、活躍したいという願望)は別として、生活は保護されているということです。一方、解雇した場合、たしかに給料は払わなくてよくなりますが、契約解除金が必要になります。これは残っている契約年数や年俸によって大きく変わってくるのでなんともいえないですが言ってみれば退職金ですね。、また、契約解除の場合は所属クラブがなくなるので、自由に他クラブと契約交渉ができます。バレンシアを追い出されるといっても、バレンシアという古豪の、1線や2線で戦うことのできるレベルの選手たちですので、移籍金が0ユーロとなればそりゃあ獲得に動くでしょう。

 つまり、残り給料<契約解除金とか、選手の生活保護とかが理由とみることもできるんだと思いますが、純粋に「いい選手」をただで手放したくない、もしくは「いい選手を他のクラブに与えたくない」っていうことなんじゃないでしょうか。

 これまで、バレンシア、に尽くしてきてくれた3人の選手。このままでは彼らがかわいそうな感があります。たしかに、実力の世界、ビジネスの世界なんで情けは無用なのかもしれませんが、私には少なくともまだ実力のある選手に見えますし、ソレール会長だからはずされたような気がしてなりません。

 彼ら3人は、この状況をひっくり返すことが難しいだろうとは思いますが、がんばって、バレンシアを引き上げ、自身のバレンシアでの必要性ソレール会長にアピールしてほしいと思います。

スポンサーサイト
2007/12/30(日) 01:23 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/12/30(日) 18:13:15

戦力外なのに、解雇しないと言うのは、結局移籍金が欲しいと言うことでしょう。解雇と言うことになれば、当然移籍金は発生せず、クラブには一銭の金も入りませんが、保有選手であれば、移籍金が幾らか入りますからね。
この3選手なら、オファーがあると踏んでのことなんじゃないでしょうか。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/12/31(月) 14:49:36

ランプスさん、お久しぶりです。そして、コメントありがとうございます!!

3人とも、他クラブでまだまだ活躍できる選手たちですからね。ただ、私としては、やはりバレンシアで、がんばってもらいたい選手たちです。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/336-a069f0a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。