スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

大逆転勝利!勝ち点差はついに2

カテゴリー: モウリーニョ

 その後、前線に人数を割いて逆転を狙うも、エバートン守備陣をなかなか崩せないチェルシー。しかし、スター軍団の“個”の力が試合をひっくり返す。81 分にMFフランク・ランパードの華麗なミドルシュートで同点にすると、87分にはFWディディエ・ドログバが約25メートルのボレーシュートを叩き込んで、逆転に成功する。
 2度のビハインドを追いついて見せたモウリーニョは、選手の自信こそが、逆転劇のカギだったという。
「PKでゴールを許すと戦意を喪失してしまうものだ。だが、選手たちは最後まで諦めずに、自分たちを信じ続けた。(中略)強い気持ちで戦うことの重要性を選手に伝えた。(中略)ウチは能力に疑いのない選手が揃っている。だからこそ、最後には自信がモノをいうんだ」


読んでくださった方はクリックお願いします。 
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 やりました!決して試合内容自体はよいといえるものではありませんでしたが、よく勝ち点3を奪いましたね。そして、ウェストハムもよくやってくれました。ウェストハムは直前の監督更迭もあり、チェルシーを助けてくれる役回りは難しいだろうなぁと考えていたんですが、その嬉しい意味で、予想を裏切ってくれました。これで、チェルシーと首位マンUとの勝ち点差は2。まだわかりませんが、このミラクル勝利で一気に3連覇が近づいたことは間違いないでしょう。
 試合についてですが、やはり後半に行ったシステム変更、4-3-3のほうが4-4-2よりもいいですね。まあ、後半にとった2得点は個人技によるものでシステムの問題とは直接関わることではないようなものでしたが、得点ははいらずとも、攻撃の機能性などを考えても4-3-3のほうがよかったと思います。
 勝ち点差は2で、まだ1試合直接対決もあります。勝ち点差が縮まったことでチェルシーのモチベーションもさらに上がるでしょう。厳しい日程が組まれていますが、総合力ではやはりチェルシーのほうが上です。強行スケジュールはマンUよりもチェルシーのほうが得意だと思うので、ここらへんも期待したいですね。CLが再開するまでに勝ち点差を4くらいにしてチェルシーが首位、という展開が理想的でしょうか。
 最後に、一言。ロッベンはやはり素晴らしいサイドアタッカーです。
最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

スポンサーサイト
2006/12/20(水) 00:00 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/34-4240d4e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。