スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

北朝鮮との試合を終えて。

カテゴリー: 代表チーム

 日本サッカー協会の川淵三郎会長は18日、東アジア選手権(中国・重慶)で17日に北朝鮮と引き分けた男子日本代表に対して、「戦術以前に気合が足りない」と東京都内で苦言を呈した。 (livedoorスポーツ)

 かばうんですね。さすが、川渕氏。代表監督に絶対の権限がある男が監督を責めるわけにはいかない、ということでしょうか。しかも、スイッチしたばかりですし。

 というか、私はもう川渕氏の発言には「言い訳」や「大人の事情」ってにおいがぷんぷんして素直にきけない感じになっています。

 この試合のとき、自分はまだ帰宅しておらず、ワンセグで見た程度なのでそんなに語れないのですが、たしかに気持ちが足りないようには見えました。もっと縦に展開して、全体的にスピードを出していかなきゃ難しいだろうな、と。けど、それも仕方ないかな、という風には見えたんですよね。だって、縦に展開する人(サイドで勝負する人、できる人)がいないですから。

 そもそも、加地を左サイドで使う意図がわからない。内田>加地だと本当に思っているのか?将来性をかってウッチーを優先して起用しているとしても、本来左サイドバックをやっていない加地を代表ですんなり使うって、どんだけ日本にはサイドバックがいないんだか。

 鈴木やセンターバックの展開力がなく、4-1-3-2の3の選手が下がりにくる。この時点で攻撃が破綻するのは目に見えてくる。歪な4-4-2に近い。しかも、中盤にサイドをえぐる力のない4-4-2なのだから、そんな4-4-2にメリットもくそもない。安田という、本来は左サイドバックの選手をサイドハーフとして途中で起用したが、彼はバックとハーフの違いこそあれサイドで勝負するタイプ。彼が先制点にかんだように、ああいう選手が必要だった。

 安田をなぜスタメン起用しなかったのか。左サイドバックいるじゃないか、ということになります。岡ちゃんとしては、守備が怖かったんでしょうかね。右に内田、そして左に安田、2人の若手を、攻撃がウリ(ディフェンスはプッシュされない=まずい?)のこの若手を同時起用する余裕が岡ちゃんやチームにはないという判断なのでしょうか。で、「公式大会中に左サイドバックが全員怪我や出場停止で出れずにスクランブル状況的起用」であるはずの加地が左サイドに回されることとなったんでしょうか。

 展開力のないディフェンスメンツに、サイドで勝負できないハーフ。これが構造上の欠陥といわずになんというのか。接近・展開・連続?どこにそれが現れているのか。展開力もなく、サイドハーフがおらずマークのきつい中央にいる「3」の選手たちが本来の形・ポジションで起点となることもなく、結局は出して不在のためにディフェンスライン+鈴木で「誰に渡そうかなぁ~」を繰り返すことになる。それで、スピード感も攻める姿勢も見えづらくなった、というのが今回の試合のまずかったところになると私は思うのですが、川渕氏は違うようですね。

 話ちょっと変わりますが、岡ちゃんにバッシングする報道って少ないですよね。今、岡ちゃんをバッシングしないのは、バッシングしたらリアルに代表チームが転覆する可能性があると感じて自粛しているのかな?そんなわけ、あるはずないか...。

 モウリーニョ、日本に来ないかな……(←現実逃避)
スポンサーサイト
2008/02/19(火) 01:37 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/347-65d5c0af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。