スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

川口、楢崎に追いつけ追い越せ

カテゴリー: 代表チーム

川口は97年2月に代表デビューを飾り、歴代2位の113試合に出場している。1年後の98年2月に初陣を飾った楢崎は、53試合出場のキャリアを持つ。

彼らの登場以降に起用されたGKは6人いるが、別表(※R25.jpでは表が表示されています。)のとおり出場試合数は圧倒的に少ない。過去3度のW杯でも、98年と06年は川口が、02年は楢崎がレギュラーだった。二人のGKがこれほど長期にわたって代表に定着するのは、世界的にもまれである。(livedoor スポーツ

 川口と楢崎の二人。そう、記事にもあるように、代表GKとして、長年招集され、試合に出場している二人ですね。経験という部分では川口に部があるのは事実でしょうが、個人的には楢崎のセービングの方が好きですね。安定感も川口よりもあると個人的には考えています。

 記事にある、35歳がGKのピークというのには若干の疑問が残るところではありますが、次のW杯が二人のハイライトの大会になるというのはほぼ間違いないでしょう。ただ、これもまた個人的な、しかも願望ですが、西川周作にW杯までに成長し、というか、最終予選までに成長してW杯で正GKを務めてもらいたい、と思います。怪我などもありますが、私はGK西川周作がけっこう好きなんですよね。ぜひ、代表の守護神に成長して欲しいのです。ちょっと怪我で微妙なポジションの西川ですが、次のW杯、さらに次のW杯でも十分に正GKをはるポテンシャルはもっていると思います。

 ただ、現状ではやはり川口、楢崎と比べると見劣りする部分があります。経験もそうですし、何よりも人気・知名度。日本代表はJFAの興行の存在でしかない現状で、実力・経験的に劣ると思われ、さらに人気・知名度で圧倒的な差をつけられている西川が、将来性などの理由で代表で出場キャップ数を増やしていくことはかなり難しいと思います。

 ということで、現実的に代表正GK奪取は難しい状況になっていると思いますが、まず実力で川口・楢崎に負けないよう、しっかりアピールして、着実に力にし、代表でもチャンスをつかめるようになってほしいと思います。

 日本において、川口と楢崎は優秀なGKでアジアでは評価が高くても、世界ではGKとしてまだまだ評価は高くはないでしょう。日本のGKはまだまだ発展しなければならないポジションであると思います。川口、楢崎を、彼らの年齢などによる衰えではなく、西川周作自身の力で超えることができたとき、日本のGKレベルは新たなステップに進んだ、と思えるのではないでしょうか。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2008/03/10(月) 05:02 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/358-b39d38c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。