スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

会長モラッティとモウリーニョ

カテゴリー: モウリーニョ

「マンチーニ?彼はヴェンゲル監督のようになれるかもしれない。あとは一部の性格面を磨かなければいけないだけだ。ただ、私はモウリーニョ氏のことも非常に評価している。将来的には彼がインテルの指揮官になるかもしれないね」(Goal.com)

 モラッティ、会長としてどうなんでしょうね?インテルを愛していることは間違いないでしょう。だから、会長として優秀なのか、それとも、こういう発言をしてしまうからダメ会長なのか。まあ、アブラモビッチやソレールよりかはいい会長であることは間違いなさそうですが。まあ、アブラモビッチもカネは投資してくれるので、人によってはいい会長なのかもしれませんけど。

 個人的にはインテルの監督にモウリーニョ、というのはちょっといやですね。まあ、チェルシーにもっとも似ているクラブの一つではあるんでしょうが、似ているからこそ、ちょっと嫌なんですよね。同じこと(会長との確執)によってまた追われるのではないか、チェルシーのただのコピーになるんじゃないか、と。

 もし、イタリアでモウリーニョが監督として戻るなら、ユベントスかジェノア、ナポリとかでまた新しい刺激を与えてほしいですね。インテルは今磐石なポジションですし、そこを引き継いでも野心家のモウリーニョの魅力を十二分に発揮できないのでは、と。かといって、スペインのバレンシアなんかの、かなり悲惨な状況のクラブには行ってほしくないなあとも思いますが(苦笑)

 とにかく、今後もモウリーニョ情報には敏感に反応したいなあと思う、モウリーニョ狂な私なのでした。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2008/03/11(火) 05:08 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/359-ddba7b8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。