スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

オジェック、2試合で。。。

カテゴリー: Jリーグ

 浦和のオジェック前監督はこの日、藤口社長から解任を通達されると「クラブが決めたことなら、受けます」と答えたという。姿は見せなかったが、かなりショックを受けているもようで、エンゲルス監督が電話しても留守電のままだった。今後、数週間は日本に残る予定だが、藤口社長は「ショックが大きいので、しばらくそっとしておいてほしい」と異例の申し出をしていた。(livedoor スポーツ)


 浦和、すばやいですね。ちょっと判断が早すぎるかな、というのもありますが、選手たちから昨シーズンからずっと不評だったのもありますし、ACLのタイトルを獲得したとはいえ、監督としての手腕、求心力、マネージングには疑問があがっていましたからね。開幕2連敗という結果を盾に口実に、解任をしたというのが浦和フロントの本心じゃないでしょうか。

 私はレッズファンというわけではありませんし、きっとぜんぜん別の見方をしている方も多いと思いますが、私の個人的な考え方、見方として、オジェックはあまり好きではありませんでしたね。FIFAかUEFAかの技術委員か何かという経歴もあったようですが、技術委員が必ずしも名監督であるとはいえないわけで。フットボールを知っていても、それ以外の要素では監督としての手腕を発揮できなかった、それがオジェックと、この浦和なんだと思います。特に、求心力という部分ではちょっとまずい部分があったというのは間違いないかと思います。そんな中でも、ACL制覇という偉業を成し遂げたのはもちろんすばらしいですが、モチベーションをあげるほどのマネージメント力がなかったですね。アジア制覇というビッグな目標に向かっては自然と選手もモチベーションが上がったかもしれませんが、ACL制覇寸前や制覇後のJの試合ではなかなか悲惨な結果でした。もちろんとんでもない疲労と怪我人はありましたが、それでも、浦和ほどのクラブ、チームであればもっとましな成績も残せたとも思うわけでして。どんな監督でも、ACL制覇後にモチベーションを調整するのは難しいことなのかもしれませんが、それにしても、悪いなりにも、もっと結果を残しておきたかった。そのツケとして、鹿島の逆転優勝だったと思うのです。

 後任はコーチだったエンゲルスということです。私はやはりこれまたJは詳しくないのでなんともいえませんが、京都の監督としてのイメージが強いですね。よい監督というイメージなので、浦和の監督となり、実際どう変わるか、楽しみです。まずは悪いなりにも結果を残すようになってほしいですね。もちろん内容も大事ですが、結果を早いうちから出しておかないとシーズンとして厳しくなってしまいますね。内容は少しずつでも改善していくことができればいいと思いますし、まずは結果を。って、オジェックの指導後は大変でしょうけどね。とにかく、エンゲルス、そしてレッズにはがんばってほしいです。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2008/03/18(火) 02:01 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/364-ab1cb2f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。