スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

06 最優秀クラブ監督賞ノミネート

カテゴリー: モウリーニョ

セビージャのフアンデ・ラモス監督とバルサのライカールト監督がIFFHS(International Federation of Football History and Statistics)による世界最優秀クラブ監督候補にノミネートされたようだ。IFFHSによると、「まだ投票は終わっていない。12月31日までの試合結果とゴール数まで計算する」と選考基準を示している。

読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 世界最優秀クラブ監督にノミネートされた監督は6人。以下の面々です。

アレックス・ファーガソン監督(マンチェスター・ユナイテッド)
ジェラール・ウリエ監督   (オリンピック・リヨン)
ジョゼ・モウリーニョ監督  (チェルシー)
フアンデ・ラモス監督    (セビージャ)
フランク・ライカールト監督 (FCバルセロナ)
アーセン・ベンゲル監督   (アーセナル)

 う~ん、やはり私はモウリーニョですかね、好きですから。これは色眼鏡をつかっていますが、なくてもモウリーニョの可能性はあると思います。可能性があるのはプレミアシップ2連覇を果たしたモウリーニョ、リヨンのリーグアン5連覇に導いたウリエ、バルサの黄金期を再び築きつつあるライカールトではないでしょうか。ベンゲルはプレミアシップではファーガソンとモウリーニョに劣り、CLではライカールトに劣ります。受賞の可能性はないでしょう。今季もアーセナルは不振ですし。
 気になるのはイタリア。一人もノミネートがいません。リッピやカペッロなど、名監督を輩出している国ですが、リッピは現在クラブ監督ではありませんし、カペッロはユーベのスクデット取り消しが影響しているんでしょうか……。
 ん~、でもやっぱり優位なのはライカールトですかね。バルサのインパクトは強すぎます。数々のタイトルと賞をバルサやバルサの選手たちが獲得してきていますし。ライカールトもすごいと思うんですが、監督の力を考えるなら断然モウリーニョのほうが私は優れていると思うのですが……。ちょっと主張しすぎましたかね、これくらいにしときます。

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

スポンサーサイト
2006/12/22(金) 12:00 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/38-d258e0b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。