スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

アジア枠設定について

カテゴリー: Jリーグ

 Jリーグが現行3人の外国籍選手枠とは別に、アジア連盟(AFC)加盟協会の選手1人が出場できる「アジア枠」の創設を検討していることが8日までに明らかになった。

 Jリーグの羽生英之事務局長は日本協会やJリーグ選手協会との調整が必要としながらも、「(アジア枠の)メリット、デメリットを勉強しているが、メリットが多い。間に合えば、来季からやるかもしれない」と導入に前向きな姿勢を示した。 (livedoor スポーツ

 いやはや、私はこのアジア枠、賛成ですね。一枠といわず、もっと増やしてもいいんじゃないかとさえ思います。2~3人くらいに。

 これで、普段から亜細亜の有力選手とJリーグで日本人選手が戦えるようになるのはいいことだと思います。フットボールのレベルも上がるし、いいこと尽くしじゃないですかね。日本人とブラジル人ばっかりのJリーグなんて、バリエーションがないし、アルゼンチン人や欧州人もきてほしい。アジア人には彼らほど活躍できる選手というのは絶対的に少ないとは思いますが、Jで通用するレベルの人間は多いとも思いますし、新しい形、交流ができるかもしれませんね。

 個人的に、Jリーグにもっと増えて欲しいアジア人の選手はというと、韓国・北朝鮮人とオーストラリア人ですね。
 韓国・北朝鮮人は日本人と体格などがひじょうに近いですが、日本人と違って決定力のある選手が多いですよね。自分のスタイルをもっている選手も多い気がします。FW、決定力に難がある日本としては、やはりそういうところを韓国・北朝鮮の選手から学んでほしいと思います。
 そして、オーストラリア。これは韓国・北朝鮮とは逆で、体格が日本と違い、欧州に近いこと。日本人の苦手な、フィジカルを使ったガリガリくるフットボールスタイルの選手たちはJリーグでもきっと活躍できる選手たちでしょうし、そういう選手と日ごろから戦える環境ができあがれば、日本人選手も欧州などの体格のいい選手の多い国と戦うときも”経験”でカバーできるようになるんじゃないでしょうか。それに、豪州と日本は教育の面でも、それぞれ外国語として日本語、英語を学ぶので、もっとフットボールでも密接な関係を築けると思うんですよね。親日家も豪州には多いとききますし、経済的つながりも日本と豪州は強い。お互いの国からフットボール留学とかがあったらいいと思うし、このJリーグアジア枠があれば、アジアのフットボール、日本のフットボールがさらに上の段階にステップアップできると私は考えるわけです。

 よく懸念されるのが、日本人の出場機会が失われて選手が育たなくなる、というものですが、私はそれも大丈夫だと思います。まず、アジアということで、(少なくとも現時点では)選手レベルが日本のそれと比べて大きな差がないこと。ブラジルやアルゼンチン、欧州の選手ばっかりだったら日本人がレギュラーを奪い取るのは難しいかもしれませんが、アジア人が相手なら、スタメンを奪いとることも、相対的なレベルで見ればまだ比較的容易だと思います。それに、AFCに所属する国のリーグでもこのようなアジア枠が創設されることとなれば、日本人の活躍する機会は大きく減少することもないと思います。

 来季からででも、l早くこの導入を成功させてほしいですね。そして、すぐに効果がでるのを期待せず、4年、5年後にでも成果がでてくればいいかな、と思います。アジア枠をうまくつかったクラブが活躍・成功すれば、このシステムを使うクラブも一気に増えるでしょうし。それに、ACLで活躍したクラブのエース級の選手たちがJに参戦することも増えるかもしれません。こういう点では、経済力に富む日本が有利ですかね。
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2008/07/10(木) 01:32 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/382-90c58336
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。