スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ピクシー=オシム体制?

カテゴリー: 代表チーム

スポーツ紙デスクが解説する。
 「岡田と反町は日本サッカー界の切り札的存在。そのひとりがだめだとなっても、2011年の南アW杯が終わるまで、世界的な有力監督の大きな移動はないとみていい。もはや、手詰まりなのですが、ひとりだけ候補がいる。それもバックに強力な人物がいて、日本のサッカーに精通している人物です」
 ここまで書けば、サッカー通なら推測がつくのではないか。そう、名古屋グランパスのストイコビッチ監督と、その師匠のイビチャ・オシム氏だ。(livedoor スポーツ


 早々と散った日本五輪代表ですが、またメディアもやらかしてますね。

 本来であれば、監督人事よりも敗退の理由とかを考えるべきなのではないでしょうか。もしくは、大会前にいろいろ言われた問題、つまり、五輪優先かクラブ優先か、育成の場か勝負の場か、そういう議論をするべきなんではないでしょうか。

 で、本題の、監督人事ですが、この記事ではストイコビッチ=オシムのコンビで確定、みたいな感じでかいていますが、いったい、どれほど信憑性をもてるんでしょうかね。

 本当にストイコビッチだった場合、本当にそれでいいのか、正直疑問です。オシムに続き、よい監督、結果を残している監督を代表チームが強奪する、という形。

 成績をあげてきていたオシム・ジェフを崩壊に導き、現在は降格争いをしているジェフ。今度は名古屋グランパスがその餌食になろうとしているのです。

 グランパスファンは凶弾するべきです、JFAを。自分たちの愛するクラブの愛する監督を奪われて、なんで黙っていられるというのでしょうか。JFAは、同じ過ちをくりかえそうとしているのかもしれません。
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2008/08/14(木) 22:53 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/401-7c4aa1ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。