スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ムトゥに賠償金請求判決

カテゴリー: セリエA


FIFAの判決を受け、チェルシーは「我々がパルマに支払った移籍金に値する賠償金の支払い命令が下ったことに満足している。この判決は我々だけでなく、サッカー界全体の発展につながるものだ。移籍金の問題だけではなく、コカインや使用禁止薬物の撲滅を進める上でも重要な意味を持つ」との見解を示した。(livedoor スポーツ)

 いまさら急に、という感じですが、こういう判定がでることはよいことですよね。

 ただ、どうしてこのタイミングになったんでしょう。ムトゥがコカインによって解雇になったのはだいぶ前ですし、フリーでユーベと契約して話題になったのもその後で、しばらくなんの音沙汰もなしでした。今頃、このような声明、判決がてでたのがなんでなのかが気になりますね。裁判みたいな形でずっと議論されていたのでしょうか。

 ムトゥはその後、ちゃんとコカインなどを使わずにすんでいるんでしょうか。ユーベ、そして今はヴィオラにいますが、第一線で活躍している選手です。ルーマニア代表の顔でもありますし。つまり、なかなかの著名なプレイヤーなんですが、コカインのような麻薬やドーピングを使用していないということははっきりしているんですかね?

 スポーツ選手というのはやはり、子供たちに夢を与える存在であり、憧れです。子供たちが、チームのエース、代表チームのエースに憧れを抱くのも十分にありえることです。そして、それをまねてコカインを吸うことがカッコイイと思うようになってしまうと……。著名人である以上、その影響というのは確実に一般人よりも大きいですよね。著名人に聖人君子になれとはいいませんが、やっぱり、気をつけてほしいな、と思います。

 今回の判決で、しっかりと追求して賠償金を命じることができたのはフットボール界は麻薬やドーピングを許さない、という点ではっきりとそのメッセージを発することができたのではないでしょうか。
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2008/08/16(土) 00:25 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/402-ce6f5bac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。