スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ベンゲル、レアルマドリーが招聘か?

カテゴリー: プレミアシップ

 イギリスのメディアによると、レアル・マドリーはファンデ・ラモス監督との契約が切れる来年6月末に向けて、現アーセナル監督のアーセン・ベンゲルとの契約を模索しているという。『ニュース・オブ・ザ・ワールド』紙は、「レアル・マドリーは過去にも何度かベンゲル監督にアプローチしており、カルデロン会長はファビオ・カペッロ、ベルント・シュスターに次ぐ3人目の監督として、ベンゲルに白羽の矢を立てた」と報道している。(スポーツナビ

 本当なんでしょうか。イギリスのメディアがソースと書かれているんですが、そのメディアがどこなくかわからないので信憑性に関してもなんともいえないんですが....。まさか、「ザ・デマ」こと、ザ・サン誌じゃないでしょうね~?

 さて、ここでは話の信憑性はおいといて、実際にベンゲルがレアル・マドリーに招聘されたら、ということに焦点を当てたいと思います。

 はっきりいって、私は反対ですね。たしかに、名将ベンゲルがレアル・マドリーを率いる姿ってのはめちゃくちゃ見てみたいですし、レアルマドリーが誇るあの至極のカンテラから次々と選手が昇格、デビュー、そしてスターへ、という新たな路線が生まれる。さらに、あのアーセナルのような華麗なパスフットボールをレアル・マドリーがやったら……と、夢は膨らむわけですが、現実的に考えて、果たしてどうなるかかなり心配なわけで。

 まず、資金力j。今のアーセナルの資金力とレアル・マドリーの資金力は差が激しく、たしかに有力選手もとりやすくなるでしょう。きっと、ベンゲルほどの実力者ならレアルマドリーもかなりの権限をベンゲルに与えるでしょうし。

 けど、そうなると、今のように若手が次々と出てきては活躍するという、若手育成路線が果たして継続されるのか、そして成功するのか、という疑問も生じてきます。そして、もっとも恐れられるのか、戦績。

 今、他のビッグ4のクラブと比べて資金力がめちゃくちゃ劣る中、これだけ奮戦しているアーセナルは本当にすごいと思いますし、ベンゲルさまさまだとも思うんですが、資金力と将来性を言い訳にしている部分もあると思うんですよね、成績に関しては。完全に、ビッグ4に劣っている戦績。優勝はいつからしてないんですっけ、プレミアで。

 華麗なパスフットボールとか、きっとレアルマドリーファンの好みだとも思われますが、毎年、2位以下で満足できるファン・フロントの性格なのかと問われると、そうじゃないわけで。

 ベンゲルは、アーセナルに残っておいたほうがキャリア的にも、名声的にもいい感じで、レアルマドリーにいったらキャリア的には失敗するような気がするんですよね。

 でも、マドリーを指揮するベンゲルも見てみたい気がしますが。
スポンサーサイト
2008/12/25(木) 01:24 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

通りすがり

URL | [ 編集 ] 2008/12/25(木) 15:02:43

残念ながら「ニュース・オブ・ザ・ワールド」はザ・デマこと「ザ・サン」の日曜紙ですよ。

パベル

URL | [ 編集 ] 2008/12/26(金) 01:50:17

通りすがりさん、コメントありがとうございます!

そうだったのですが...。知りませんでした。ってことは、ニュースオブザワールド」もあんまり真に受けないほうがいいのかもしれませんね。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/416-1170780c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。