スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ベッカムとミラン体質

カテゴリー: セリエA

 英デーリー・メール紙(電子版)によると、今月6日にドバイで行われるハンブルガーSV(ドイツ)との親善試合に向けて、昨年大晦日に行われたACミランの練習に臨んだベッカム。しかし厳しい練習ですっかり息があがってしまい、苦しそうなベッカムを心配した医師が脈拍をチェックする場面もあったようだ。本人は立ち上がるのがやっとの時すらあったという。(Livedoor スポーツ

 これまた古い記事で申し訳ないです。

 ベッカム、ミランにレンタル移籍したんですが、どうでますかね。個人的な”願望”としては、ベッカムに華々しく活躍してミーハー層の注目を掻っ攫い、モウリーニョに続くセリエの復興に貢献する重要人物になってほしいなぁと思うわけですが、現実は厳しいみたいですね。実際に、この練習風景とか、ギャラクシーでのプレーとかまったく知らないので、実際はどうなのかわかりませんが、この記事が本当であるのならば、客寄せパンダでしょうね、ベッカムは。途中交代で、後半30分すぎくらいから投入、とか。

 しかし、もうベッカムじゃセリエは盛り上がらないじゃないか、と思っちゃうのは私だけですかね?ミーハー層も、いまやベッカムの時代から、ロウウジーニョ、そしてクリスチアーノ・ロナウドと、もう2代も先に進んでしまっているわけで、正直、ベッカムは今さら……。

 ロナウジーニョもそうですが、ほんと、イタリア(というか、ミラン)ってベテランの、名のあるスターを欲しがりますよね。全てがそうじゃないんでしょうし、私のイメージの問題なんでしょうが、イタリアは「名>実」のイメージがしっかり定着してしまっています、私の中で。そして、ロナウジーニョだったり、ベッカムだったり、「過去」になりつつある選手をもってくる。本当にチームを強化したいんだったら、全盛期から見れば大きくかけ離れたロナウジーニョやベッカムを補強しますかね?どうしても、ネームにつられている気がしてならないんですよ。
 
 だいたい、ベッカムをどこで使うのか。右?今の時代のフットボール、サイドアタッカーであの運動量の少なさ、スピードのなさは致命的じゃないですかね。レアルマドリー時代のように、ピポーテの位置で使われるにしても、正直あの運動量ですし、あたりにそんなに強いイメージはないし。サイドにしてもセンターにしても、彼以上の動きができる人間はセリエAのクラブにゴロゴロいそうな気がするんですよね。プレースキックだって、ピルロやロナウジーニョなど、名手がいるわけだし、ベッカムをわざわざそれだけのために起用するほどのチーム状況でもないと思います。まあ、ベッカムを獲得したこと、そしてその実績つくりのためにきっと、キッカーはベッカムを優先させることになるだろうと思いますが。

 まあ、どっちにしても、ガリアーニかベルルスコーニかアンチェロッティか、もしくは全員か、辞職したほうがいいんじゃないでしょうかね。もしくは、ユーベのようにセリエBからやり直す。そんぐらいしないと、ミランの体質は治らない気がします。
スポンサーサイト
2009/01/05(月) 03:09 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/421-7ac4bd48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。