スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

世紀の移籍合意するか? カカとマンC

カテゴリー: 移籍

 カカの移籍については、クラブの経営陣が判断すべきだ。このチームにとって欠かせない選手だから、個人的には彼の残留を願っている。しかし、カカが退団したとしてもミランの目標は変わらない。それは来年のCL出場権の獲得とUEFAカップ優勝だ。最終的には、カカが他クラブに移籍するかどうかはミランの幹部と選手本人が決めることだし、彼らの決断を尊重しなければならない」(スポーツナビ


 さあきましたね、マン・C。オイルマネーに湧くマンチェスターシティがミランのカカにとんでもない額のオファー。カカはいったい、どのような決断をくだすのでしょうか。

 引用記事の発言者は、ミラン監督のアンチェロッティ。そりゃあ、監督からすればカカは絶対に必要な選手でしょう。でも、ミランというクラブからしたら?1億1500万ユーロ(約138億円)というトンデモナ額。特に、今は不況の経済ですし、フットボール界をその波がえげつなく襲っています。ミランはクラブ間合意に達し、あとはカカ本人次第ということになってますが、合意に達するんじゃないかと個人的には思っています。たしかに、お金は魅力的でしょう。しかし、カカにはそれだけでなく、やはりトッププレイヤーとして、野望があると思います。CLに出れないミランにはフラストレーションあるでしょうし、そろそろ、新しい環境で、という思考になってもおかしくはないと思うんです。ロウナジーニョ、ベッカムの移籍に関しても、なんだかんだであまりよくは思ってないんじゃないでしょうか、カカは。

 ということで、マンチェスター・シティに行くかもしれないなあと思うわけです。カカなら大丈夫とも思いますが、ミランからイングランドにいくということで、シェバのような腐った移籍にならないことを祈ります。
スポンサーサイト
2009/01/18(日) 02:42 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/426-a2dc6eb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。