スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

パパラッチとカカとレアルマドリード

カテゴリー: 移籍

常軌を逸した報道合戦に対し、カカは「レアル・マドリーやチェルシーなどのビッククラブが、自分に関心を示してくれているのであれば光栄だ。しかし、自宅に押しかけるのはルール違反だ。自分と妻に対するプライバシーの侵害だ。ミラネッロ(ACミランの総合練習施設)を訪れるのは構わない。しかし、自宅はやめてほしい。マンチェスター・シティ移籍報道が大きくなりすぎており、想像を絶するプレッシャーがあった。そのために先日は取材を断った。今日はレアル・マドリー、明日はチェルシー…。毎日異なるクラブへの移籍報道を取り上げられてもコメントのしようがない。今はただ穏やかに過ごしたい」と困惑気味に話している。(livedoor スポーツ)

 カカもかわいそうですね。これが、ダイアナ妃を死においやった(?)欧州パパラッチの破壊力でしょうか。まあ、カカの奥さんは若くてきれいですからね。写真をとりにいきたくなる気持ちはわからないでもないですが.……(苦笑)。

 カカのレアルマドリーとかチェルシーとかへの移籍の噂もそうですが、なんか、最近のこの報道は何か裏でもあるんでしょうか。他にもクリスチアーノ・ロナウドとアグエロがレアルマドリーと合意だとか、メッシが160億円でマドリー移籍だとか、レアルマドリーがほとんどですが、いい加減にしてほしいですよね。

 たしかに、レアルマドリーは新会長選を控えていて、会長の公約として誰々の獲得に動くとかそういう話がたくさんでますが、今の現状を考えると厳しいといわざるをえないんじゃないでしょうか。だって、この不景気ですよ。これから数年は移籍市場もマンC以外はおとなしく、しばらくのテーマは「現有戦力でどう戦うか」、と「ボスマン移籍でどれだけ優秀な選手を獲得できるか」だと思います。そんな中、こんな大規模な移籍がわさわさと成功してしまっていたら、間違いなくレアルマドリーは破産、破綻しますよ。たとえ、レアルマドリーといえども。

 これから移籍市場では一人勝ち状態になるであろう、シティーからカカを残留させることに成功した(移籍させることに失敗した?)ミランはその点ではよかったかもしれませんね。スーペルな選手を残せたわけですから。しかし、そのシティーはギブンも獲得した、という報道まででていますから、まだこの勢いは続きそうです。

 そして、かなり話が脱線しましたが、パパラッチ問題。
 彼らも人間、しかも悪いことをしたわけではないのですから。取材にいく人間はいったい何を考えているんでしょう。自宅に押しかけたら、カカや奥さんがにこやかにいろいろ語ってくれるとでも思ってるんでしょうか。気分を害して発言なんてさせてくれないと考えるのが普通と思うのは私だけでしょうか。まあ、素人にはわからない、ちゃんと狙いのある手法なんでしょうが、こういうのをきくだけで、メディアや記者に嫌悪感をおぼえますね。

 カカ、そして奥さんにはがんばってこの難局をのりきってほしいですね。

 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/01/26(月) 00:48 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/432-def5aa1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。