スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

シェバはもう……?

カテゴリー: モウリーニョ

「シェフチェンコにはすでにチャンスが与えられていた。今は他の選手の番だ。彼には長いこと最大の信頼を示してきた。今度は彼が自分の価値を証明するときなんだ。水曜のニューカッスルとのカップ戦ではスタメンで出るだろう。そのときこそ、彼がベストコンディションを取り戻したことを証明するチャンスになる」。

読んでくださった方はクリックお願いします。 
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 上はチェルシーの監督、モウリーニョがウエストハム戦の後のコメントです。シェバをウエストハム戦で使わなかったのはシェバに対する温情の期間は終わり、次からはテストになる。テストでだめならば、もう控えだ、という宣告だったのだということですが、上の記事にある、ニューカッスルとのカップ戦、もう終わりましたね。チェルシーの勝利で終わったのですが、シェフチェンコは76分まで出場して結局ノーゴール。代わりに入ったドログバが点をいれ、チームは勝利するという結果になりました。
 これでシェフチェンコは厳しい状況に追い込まれましたね。ミランから移籍してきて、モウリーニョはこれまで我慢してきたわけですが、ついに我慢ができなくなった、ということなのでしょうか。
 シェフチェンコがテストに失敗したならば、システムを4-3-3に戻す、という決意もあるんじゃないでしょうか。シェフチェンコが不合格ならば、同時にバラックはランパードの控えに回る、と。
 実際、4-4-2よりも4-3-3のほうがチェルシーは機能していますし、4-4-2はこれまでやってきて一向にパフォーマンスがあがらない印象があります。
 ここでシェフチェンコが発奮してくれることを期待したいのですが、やはり難しいでしょうか。ドログバが今期、覚醒してくれているので助かっていますが、実際、ドログバが前年までと同じゴールペースだった場合、4-4-2でこんな順位を維持することは不可能だったでしょう。ニューカッスル戦でもそうですが、やはりドログバは今季、ひじょうに大切な選手、絶対的なエースに成長してくれました。来季やそれ以降、プレミアの水になれてドログバのようにシェフチェンコやバラックも活躍してくれればいいんですが、年齢も年齢だけに、厳しいかもしれませんね。とくにシェフチェンコは長年ミランで過ごしてきて、バラック以上に環境適応能力に乏しい可能性もあります。
 シェフチェンコの移籍は資金力だけに任せた補強ではうまくいかない、ということのいい証明になったのではないでしょうか。とはいっても、やはりシェフチェンコには活躍してほしいと思ってますし、ここから発奮できる選手だと思っているので、がんばってほしいと思いますけど。
最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif



スポンサーサイト
2006/12/23(土) 14:17 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2006/12/23(土) 23:12:31

確かに今のチェルシーにとって、シェバとバラックの立場は微妙なような気がします。特にシェバについては高い移籍金に見合うだけの活躍が出来ていないので、批判の声もあるでしょう。ただ、ドログバはシェバとの2トップが自分の希望である旨、某雑誌のインタビューに答えていたので、現状の起用方法で行くんではないでしょうか。
まあ、チェルシーの欧州制覇にはシェバとバラック二人の活躍が必要だと思うので、一刻も早く二人に覚醒して欲しいものです。

パベル

URL | [ 編集 ] 2006/12/25(月) 18:15:00

ランプスさん、コメントありがとうございます!
シェフチェンコもバラックも、もっとできるってわかっているだけにやっぱり物足りないですよね。特に、シェフチェンコはリーグで毎年20ゴールは期待できる選手なので、ぜひ実力をはやく発揮してほしいです











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/44-b2740e1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。