スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

バリーCEOが辞任? ベニテスの可能性について

カテゴリー: プレミアシップ

そして2月27日、またしても突然、クラブ公式サイトでパリーCEOの辞任が伝えられた。英紙サンは「パリー氏が辞任することで、ベニテス監督の契約延長に期待がふくらんだ」と報じている。レアル戦での戦術がメディアで絶賛されるなど、同監督はいまや引く手あまたの人気指揮官。リバプールとしても、この名将を手放したくないというのが本音のようだ。

今季リーグ戦序盤は首位を快走していたものの、現在はマンUに勝ち点7差をつけられての2位。タイトル獲得は困難な状況になっている。5年間かけてチームを作り上げたにもかかわらずリーグタイトルを取らないままクラブを去ることは、ベニテス監督にとっても不本意だろう。新契約は2013年までと予想されているが、今季も終盤の重要な時期に差し掛かっているだけに、早い段階で問題をクリアにしておきたいところ。同監督の続投でチームがこれまで以上に結束することを期待したい。(livedoor スポーツ



 リバプールについての記事ですね。ソースがザ・サンということで、信憑性に関しては疑問ですが。

 ベニテスとフロントが小競り合いしていることは前から騒がれていましたが、この記事によると、ベニテスは人気のある名監督で、フロント側(CEO)がベニテスとの政局闘争に敗れ、去ることとなったみたいな書き方ですが、どうなんでしょうね。レアルマドリー戦で国内外から絶賛されているベニテスですが、そんなにいうほどのインパクトを与えたかというと、そうではないんじゃないかと。あちこちから急に賞賛され、それを受けてザ・サンがベニテスをさらに持ち上げるスクープをでっち上げたっていうのが真相なんじゃないかとも思いますが、CEOは実際に辞任するんでしょうか。

※ あとで他の記事を読んだところ、どうやら、バリーCEO辞任は正式に発表されていたようです。

 で、引用記事のほうでもベニテスをそのまま持ち上げ、続投はクラブにとってプラス、というような書き方をされていますが、私はそうは思いませんね。たしかにCLでは勝負強さを発揮してますが、国内での成績はけしてほめられたものではありません。これだけの選手がいて、これだけの選手層があって、これだけのお金があるんですから、それで5年もいてプレミアシップを一度もとれないというのは、正直ベニテスにリバプールを優勝させるという期待はそれほど大きくもてないと思います。そりゃあ、ファーガソンやベンゲルみたいに20年も同一クラブで監督続けられれば、数回は優勝できるかもしれませんが、それでもベニテス×リバプールだったら10年に2回、プレミア優勝できれば上出来、みたいな感じじゃないでしょうか。

 ベニテス、レアルマドリーに招聘させちゃって、リバプールががっぽり違約金もらえればそれでいいんじゃないかと。そのお金を元手にそこそこ有名な監督、有望な監督をひっぱってきたほうがリバプールとしては賢明なような気がします。

 とはいえ、じゃあバリーCEOが残ったほうがいいのかといわれれば、それも疑問。まあ、彼だけの責任じゃないのは重々承知しているつもりですが、現在のクラブの財政状況を考えると、CEOとして責任問題になってくるのは当然かなと。フロントのトップ(CEO)と現場のトップ(監督)の同時辞任だけはさけたほうがいいと思いますけど。

 リバプール、スコラーリとかどうですか(苦笑)

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/03/02(月) 05:11 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/444-e7622d1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。