スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

プレミア特有の過密日程

カテゴリー: プレミアシップ

 欧州各国リーグがウインターブレークを取り入れる中、プレミアリーグ、FAカップ、カーリングカップと国内だけでも3つのコンペティションを同時進行するイングランドでは、他に類を見ないほどの厳しいスケジュールが組まれている。近年、スター選手の流入が続くプレミアリーグだが、ケガやパフォーマンス低下につながる連戦の影響もあり、本来の実力を発揮できない選手も少なくない。年末年始の風物詩ともいえる過密日程も、再考が求められる時期にきているのかもしれない。


読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 10日間で4試合、それはたしかにひどいですよね。何かの文書で見たのですが、欧州のプロのトップチームのフットボール選手たちはだいたい、1試合で20キロ走る、とありました。記憶違いだったら申し訳ないのですが、本当だったらすごいことですよね。1週間に2試合と仮定するなら、毎週フルマラソンしているようなものです。それを年間通すんですよ?マラソン選手よりも長距離走、早いかもしれません。それなのに、10日間で4試合。それを想像すると、足は壊れますよね。さすがに、ローテーションを組むしかありません。
 記事には、リーグ、カーリングカップ、FA杯とありますが、上位チームにはUEFAカップやCLがあります。選手層が厚くなくては確実にプレミアで成功できません。そこがいいという人もいるかもしれませんが、私はあんまり納得できませんね。だって、最高の選手たちが最高のコンディションで行うプレーのほうが、絶対見たいですから。
 これらのコンペディションの中で、最も『不要』なのはカーリングカップ。日本にもナビスコカップがありますが、果たしてこれらは必要なのでしょうか。リーグはプレミアシップ、Jリーグがあるし、トーナメントはFA杯、天皇杯があります。英国人も、日本人もトーナメントがひじょうに好きな民族といわれますが、試合の質を下げてまでして、そんなにトーナメントが見たいのかどうか。ん~、やはり、人によって違うんですかね~。
 あと、最後に。今日は0時に投稿できずにすみませんでした。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

スポンサーサイト
2006/12/26(火) 01:08 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/45-1fc9db13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。