スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

マクラーレンの評価の低さ

カテゴリー: CL

おそらくイングランド人は、これからもマクラーレンを“失敗者”として見続けるだろう。しかし、オランダでは今、マクラーレンは絶大な信頼を勝ち得ている。<スポーツナビ



マクラーレンを異様なほど称賛していますね。たしかに3強よりも上位でシーズンを終えることは褒められるべきことかもしれませんが、褒めすぎなんじゃないか。優勝したわけじゃなく、2位ですよ、2位。

トゥエンテのようなクラブがCLに出られる、そりゃあ嬉しいでしょう。しかし、マクラーレンの監督としてのキャリアを振り返ってとき、トゥエンテでエールディビジ2位という戦績がそれほど光り輝き、称賛されうるものなのか、正直疑問です。

そもそも、マクラーレンはけっこうな人物ですよね。マンUの黄金時代をファーガソンの下で支え、ミドルスブラではクラブ初タイトルをもたらし、UEFA杯準優勝。イングランドで代表監督を務めた人物です。エールディビジ2位は今後、ビッグクラブの監督に上り詰めるまでの一つの踏み台にこそなるでしょうが、そんなに称賛するレベルではない、と思うのです。まあ、たしかにマクラーレンは非凡ではないと思いますし、すごい手腕をもっているとも思いませんが、これだけのキャリアを積んで来た人物に対してこれくらいで賞賛するのは、むしろマクラーレンを見縊(みくび)っているとしか思えません。

今後、3強はどうなるんでしょうね。フェイエノールトは小野在籍の末期くらいから斜陽化していましたし、低迷っぷりも他の2クラブとは違う気がしますね。ロッテルダムに本拠をもつという強みがありますけど、もはや立て直しは厳しいでしょうか。一方でPSVは巻き返しのために来期にかなり力をいれてきそうですね。AZとPSVとの一騎打ちになりそうな気がします。なんとなくですけど。

マクラーレンは、せいぜい来期終了にイングランドのクラブに返り咲くか、途中で解任になって浪人かドイツやポルトガルで監督してそうかも。これも、なんとなくですけど。

とりあえず、マクラーレンおめでとう。これで満足するほど小者じゃないって私は信じてるよ、てな感じですかね。

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/05/05(火) 00:08 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/463-8c08417c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。