スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ミランの補強

カテゴリー: 移籍

「ウディネーゼ戦は大きな意味のある試合となった。今日の3ゴールは2007年を良い形でスタートさせる上で重要なゴールとなったよ。移籍マーケット?我々の問題は1月2日に解決するだろう。練習を再開する時にはほぼ全員のメンバーが揃うはずだ。」

 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 上はミランのアンチェロッティ監督の発言です。今日は前半部分の勝利よりも、後半の移籍についてに着目したいと思います。
 コメントからして、ミランは移籍に関する交渉や取引はすでに終了している、とよんでいいでしょう。今、移籍について報道されているのはGKとFW(ボリエッロの代わり)に絶対補強が必要である、ということ。
 FWに関してはもうご存知の方も多いでしょう。ミランには4人のFWがいるわけですが、それはジラ、ヒッポ、オリベイラ、ボリエッロです。そして、ボリエッロはガリアーニ副会長が「21年で初めてのことだ」と語るドーピング陽性反応発覚による出場停止処分が下されます(正確には追加検査をして、その結果、ということになるが、出場停止処分は免れない、という報道がなされている)。出場停止処分は8ヶ月。つまり、罪が確定すればボリエッロの今季は絶望。FWは3人になってしまうため、補強が必要です。噂では、エンポリにレンタルしているポッツィを呼び戻すとか。しかし、まだ選手層が薄すぎますし、物足りない。ここで名前が挙がっているのがレアルを追い出されそうなカッサーノ。才能は疑いようのない、類稀なものでありますが、問題はやはり性格でしょうか。また、カッサーノはレアルでCLに出場しているため、ミランに移籍してもCLには出場できません。これも、一つの問題です。前から名前のあがっていたイアキンタは、賭博容疑にリストアップしているため、補強はないだろう、と見られているようです。
 続いて、GK。カラッチにはイアキンタ同様、賭博容疑がかけられています。これは3月末に詳細が判明するといわれているので、それ以後に向けて、選手を補強する必要があるということです。ピアチェンツァからコッポラを復帰させるといわれていますが、いかに。1月2日はミランのニュースに注目ですね。 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif



実際、必要となるだろう対応は、(3月末に詳細が判明するであろう賭博疑惑による)カラッチの出場停止が見込まれるGK(ピアチェンツァからコッポラの復帰が濃厚)と、ジラルディーノやインザーギ、オリベイラの横に据えるべきFWの獲得となる
スポンサーサイト
2006/12/26(火) 12:00 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/47-6c37c659
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。