スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

オリンピコでの明暗を分けたもの

カテゴリー: CL

「この勝利は本当に素晴らしいシーズンの成果だよ。僕らはこれにふさわしかった。この結果を出すためだけに働いてきたし、それを実現することができた。信じられないくらいに素晴らしい満足感だ」
スポーツナビ



上はご存じ、CL制覇したバルセロナのプジョルの発言です。

まあまあ、決勝はまさにバルサ劇場。さぞや“ああいう”フットボールが好きな日本人たちはバルサ至上主義をさらに確固たるものにし、自身が天下をとったかのようにバルサのフットボールを、称賛して回った一日だっただろう。そして、こういうはずだ。『バルサの超攻撃的スタイルを貫いての、最大級の名誉と栄冠を手にした』と。

たしかに、ユナイテッドよりもずっとボールを支配していたし、それは支配率の数字にもしっかりと現れている。バルサの攻撃の時間の方が長く、ユナイテッドは守勢に回っていたのは間違いない。

でも、だからといって、この試合の、そして両者のターニングポイントは果たして“攻撃力”だったのかというと、私はそうは思わないんですよね。

ボランチ(センターハーフ、ピポーテ)、もっとおおまかにいうと、中盤の連動性のある守備。え~と、ビスケツですっけ、バルサのアンカーは。彼がひじょうにきいていた。みていて、本当にクレバーな選手だな、とか、気の利く選手だな、と何度思ったことか。今まで、恥ずかしながら彼のことを私ぜんぜんノーマークでした。反省。


一方、ユナイテッドは先制点を奪われたあと、焦りからか、どこでプレスをしっかりとかけるのか、どこで守りたい(止めたい)のかがわからない時間が続きました。結果、中盤がプレスをかけにいっても単体のプレスなので簡単に外されるし、かといってボールを自分達の殺し間(上記の、止めたいところ、のこと)に誘導させるためにボールを回させているというわけでもない。

中盤の連動性のある守備。フレッチャーがいたまだ違ってたのかもしれませんが、どうでしょう。とにかく、マケレレやヤヤトゥーレのような選手が欲しかったですね。ないものねだりですが。
たしかにイニエスタやシャビはすごい、クラッキですが、ちゃんとそれなりに中盤で応対できればあんなに好き勝手やられなかったと思うわけです。


結論。結果論ですが、ユナイテッドは前線に頼りすぎた。そして、交代策もどんどんFWばかりだして、悪いところをより悪くしてしまった。バルサが繋ぐフットボールをしてくること、というか、それ以外できないんだから、相手のよさを消すことを考えるなら、もっと中盤を厚くしたり、守備を頑張れる選手を配置すべきだったと思います。パクチソンだけでなくてね。

ユナイテッドやファーガソンには、バルサのストロングポイントを消すより、自分たちのスタイルのが勝るとタカをくくっていたのか、もしくはパクチソンだけでバルサ対策は万全だと思っていたのかはわかりませんが、結果的にそこで火傷し、取り返しのつかない、痛すぎる敗退となりました。

これで、いよいよロナウドはマンUに見切りをつけて移籍を要求してくるかもしれませんね。

あ、あと余談ですが、ピケも予想以上にいい選手で驚きました。バレンシアのアレクシスもいますし、スペイン、若きCBにいい人材もってますね。羨ましい。


最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/05/29(金) 00:26 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/474-7a4c9cfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。